挑戦しない後悔は嫌だ! アンパンマンマーチを口ずさみながら

シェアする

子どもの頃、なりたかったものや、青春時代に夢を抱いたものを年々、忘れていないだろうか。

年を重ねるたびに、現実的な毎日の繰り返し、常識と考えられていることに縛られて自由を失う。また、それを受け入れるのが人生なんだと考えてしまう。

失敗をすることで、リカバリーができるのは若いうちに限る。

失敗ばかりしていると、もう立ち上がることが出来ない。

「あなたが求めるものに向かって行動しよう。挑戦して失敗したことよりも、挑戦しなかったことを後悔しよう。」
シンディ・フランシス

私は、中学生の頃、「後悔しない人生を生きたい」と何かに書いたことを思い出す。青少年少女の主張的な文章を書いて、発表したことを思い出した。

家の中を整理して、どうにかして、その原稿を見つけたい。

今の自分にこそ、じっくり読むべき文章を14−5歳の私が書いていたのだから。

失敗に対して後悔するのは、恥ずかしかったり、嫌な思いを感じるからだろう。

だからといって、リスクを気にして、何も取り組まないならば、いったい、自分は何の為に生まれてきていると言うのだろう。

『アンパンマンのマーチ』

す作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

image

誰もが知っている、アンパンマンマーチの一部にも、大事なメッセージとして伝えられていることがある。

無謀で、無計画に挑戦することは、失敗しか生まないかもしれない。

慎重な性格であれば、無謀なチャレンジはしないのかもしれない。

では、何もしない。チャレンジしないという生き方は、ハッピーな人生に繋がるのだろうか。

やらない後悔よりも、やった後悔、反省で、次に生かしたい。

私のブログも、色々とやりたいことを書きながら、自分のインプットをアウトプットすることで、自分自身と誰かの役に立つ為に、続けたいと考えている。

インプットしただけで満足するような生き方では、後悔するに違いないと自覚したから、勇気を振り絞りながら、コツコツと続けて行きたいと考えています。