【レビュー】『高級ジムに通わなくても、2ヶ月で12kgやせた!』小野慎二郎

シェアする

明らかに、ライザップを意識したタイトルの一冊。
こういう狙いがわかりやすい本は、好き嫌いが別れるかもしれませんが、私は、大好きです。(当たり外れはありますが)

高級ジムに通わなくても、2ヶ月で12kgやせた!小野慎二郎

著者の小野慎二郎さんは、本職は、マーケティングコンサルタントであり、インスタグラムで愛犬・まるの写真をアップすることで、人気アカウントに成長させてる方です。愛犬まるの写真集やDVDまで上梓されてます。



今回のダイエット本を読まなくても、ライザップの効果は、著名人のCMを見ても明らかです。見事過ぎる変化に、心底、驚かされます。

食事制限と筋トレをしっかりとしたコーチのもとで続ければ、短期間で成果が出るという証明なのでしょう。

ライザップさんの場合、相当お金がかかるという点が、素人には負担が高すぎますし、ライザップ後に維持できるのか、という点が、ネックになるのではないでしょうか。

今回は、著者が、そこまでお金をかけずに(実質3万円ほど)、オリジナルな「オノザップ」を自ら考えて実践して、2ヶ月で14kgも痩せた著者のダイエット漫画入りの読みやすい一冊でした。

90kgから78kgまで、2ヶ月間! マイナス12kg達成!!

この具体的な道のりとメソッドを綴る一冊。

プロの栄養士でも、トレーナーでもない、小野さんは、自分の専門分野であるマーケティングの知識を駆使しながら、PDCAサイクルを回して行きます。

最初の10日間のアプローチの徹底ぶり。極端に感じますが、ここでの気合いが成功の要因だとわかります。

その後、食事と運動を考えながら、実践していくことで、自分自身を変化させていきます。

結局、ダイエットは、食事と運動の二本柱をしっかりさせることでしか、成功しえないという、当たり前の結論に達するのですが、そのステップの過程は、誰もが共感できる内容でした。

特に、私が共感を持てたのは、ダイエットの最終目標・ゴールの設定です。

「ダイエットを意識しない健康的な生活」
「90歳になるまでの残りの50年を元気に自分の足で歩ける身体作りをする」(ご夫婦で)

この考え方こそ、ダイエットを短期決戦で終わらせず、自分のボディメイクと健康管理に活かして、楽しい毎日を送ろうというスタンスなので、気に入りました。

私と同年代・同体重クラスという点も、刺さりました。

私も、今まで得てきた、ダイエットに関する知識と、実践で、結果を出そうと誓います。

名称は、「アンザップ」、いや、「アンテルザップ」

この辺りから、考えてしまうと、間違った方向に突き進みそうですが、やるべきことを明確にして、マイルストーンを設けながら、軌道修正をしながら、継続すること。特に、諦めないことこそが、ダイエットにも、人生にも重要なのだと考えます。

今まで、ダイエットに失敗し続けた、中年男性にこそ、一緒に読んで、実践する勇気をもらえる、オススメの一冊です。