【レビュー】『一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?』

シェアする

スポーツ選手であれば、コンディション作りは重要なのは当然です。

では、他の分野で一流の人はどうなのか?

そんな疑問を感じて、読んだ一冊です。

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~上野啓樹・俣野成敏

ハイパフォーマー = 一流 という考え方をベースに置いて、シンプルな生活の習慣を積み上げていくがカギになると、語りかけてくれます。

“では、今食べた物が自分のカラダのコンディションとして表れるのは、いつになるのでしょうか。驚くことに、実は半年後です。”

食事の結果が半年後の自分を作るとしたら、今、何を食べることが大切で、過去半年で何を食べてきたか。この点を、振り返ってみれば、自分自身の食習慣について、見直すべきポイントがはっきりしてくるでしょう。

“ハイパフォーマーは悪い習慣を罪重ねない”

全体を通して、この言葉の持つ深さを噛み締めました。

習慣は、良い習慣と悪い習慣に分類されます。

結局のところ、悪い習慣を変えられずに、苦しむ人は多いと思います。

悪い習慣をやめて、良い習慣を定着させることができれば、人生は大きく変化するのでしょう。

ここがシンプルでありながらも、誰も苦労し、挫折します。

意志が弱いとか、自分自身に甘いとか、誰もが、反省の弁を述べます。

私もその一人です。

悪い習慣を断ち切らなければ、その為に、何をすればいいのか。

そのヒントは、ハイパフォーマーのマインドにあるとされ、7点をピックアップしています。

・ハイパフォーマーは、ベストな状態を自らいつでも創り出せる

・ハイパフォーマーは、自分の常識が変わることを恐れない

・ハイパフォーマーは、自分でコントロールできることだけに集中する

・ハイパフォーマーは、最高地点ではなく、生涯価値で考えている

・ハイパフォーマーは、残業より働く時間の密度を上げる

・ハイパフォーマーは、2段ロケット方式でキャリアを積む

・ハイパフォーマーは、世の中の常識を鵜呑みにしない

この中で、大事なことは常識というものへの捉え方です。今までの自分の常識が、悪い習慣と繋がっていて、固定概念になり、その場からは慣れて、自分を変えることを阻害しているのです。

もちろん、世間の常識も自分へ影響を与えています。

ハイパフォーマーは、孤独でありながらも、自分自身へのこだわりがあるからこそ、一流な存在であり続けられるのです。

自分なんて、一流になれない、と諦めるのではなく、今までの自分よりも少しだけ進化するために、何をするべきなのか。しっかりと見つめ直すには、ヒントに溢れる一冊だと思います。