【レビュー】『なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?』

シェアする

快眠術の専門家・快眠プロデューサー:岩田アリチカさんの著書です。

家業の老舗寝具メーカーに入社後、睡眠について、調べて拘ってきた岩田さんが、「眠り」の重要性について解説してくれています。

なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?岩田アリチカ

”仕事に合わせて睡眠時間を減らすのではなく、睡眠時間を減らさなくてすむよう、仕事をよりスピーディーに効率的に終わらせる……。”

仕事は密度が大切で、集中力が鍵なのです。時間の長さで価値を図るという古い考え方は捨てましょう。

寝だめによる「睡眠貯金」はできないのです。”

誰も平日の寝不足を週末で補おうとしすぎています。この方法は間違いであると指摘します。休日も睡眠リズムは変えないで過ごすことが、より良い生活リスム、生活習慣を築く為には、必要なことといわれると、納得するしかありません。

”「残業ありき」のワークスタイルを脱却し、長時間労働の悪しき慣行を変えるためには、まず朝のスタートから変えて行く必要があります。”

残業時間、残業代という価値観を変えて、テキパキと過ごせるスタイルが認められる時代に変わりつつあることは理解できます。

「朝活」「ゆう活」などにより、生活を変えて、ワークライフバランスを見直すことが、今の日本では求められていることは間違いありません。

私は、もともと早起きが苦手な人間でしたが、ブログを書く時間の確保と、最近、飼い始めた子猫の鳴き声で目を覚ますようになりました。

朝にやりたいことをセットすることで、当然、寝る時間も早くなります。

一日をイキイキと過ごす為にも、睡眠が大事であり、早起きの生活リズムを定着させることは、コンディション作りにも最適です。

岩田アリチカ オフィシャルサイト

岩田アリチカと睡眠関連本