【レビュー】『やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実』

シェアする

健康を考えるうえで、最近、注目されているのが腸であり、「腸内フローラ」の存在でしょう。

「腸内フローラ」という単語、腸内細菌など、2015年前半、NHKスペシャルの番組後、一部の健康情報家の皆さんを中心に話題になっていました。

今では、ブームは去った感はありますが、引き続き、この「腸内フローラ」については研究が進められているのでしょう。


やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実

・私たちが今まで「個性」を呼んでいたもののなかには、じつは「腸内フローラの個性」が含まれています。

腸内フローラは、「新たな臓器」です。

・肥満を防いでいるのは、腸内細菌が作る「短鎖脂肪酸」

・「短鎖脂肪酸」を作る最近は、野菜などの食物繊維が大好物!

・糖尿病は、肥満を防ぐ「短鎖脂肪酸」で改善できる!

・「短鎖脂肪酸」は腸内環境を整えてインスリンの分泌を促す

・肌のシワを改善する「エクオール」の原料は大豆!

・腸内細菌が作る「エクオール」は、がん予防効果が期待されている

・肥満になると増える腸内細菌は、がんを引き起こす

・腸内細菌が”謎の動脈硬化”の原因になる!

・将来的に乳酸菌のプロバイオティクスで防げる可能性も

・腸のバリア機能が弱くなると、糖尿病やがんになりやすくなる

・腸内細菌がいないと、脳は正常に発達できない

・腸内フローラしだいで、性格が変わる

・腸内細菌でうつ病を治療するための研究が進んでいる

・自閉症の治療に、腸内細菌を役立てようという研究が進んでいる

まさに、腸内細菌、腸内フローラ万能説的な話が続くので、驚きと、眉唾ものを感じる抵抗感が湧いてくる気がします。

しかも、最後には、良好な腸内フローラを作るために、”便移植”まで展開されてきます。

おとぎ話ではないのか?と疑う気持ちと、人間の健康にとって、生物の進化を考えれば、もっと腸に注目することが大事なのは間違いないと、訴えられるのはわかりますし、可能性についても納得できます。

新しい医療分野の研究に期待を持ちたくなる一冊でした。

健康情報が気になるサラリーマンたちも、しっかりと読み込んで、ご自身の健康管理にも活かして欲しいと考えます。

<腸内フローラと関連商品>