「ありがとう」の感謝を習慣に!

シェアする

いつも。相手や周りのものにどんな気持ちで接しているでしょうか。

image

「ありがとうございます」や、thank you! など、感謝の言葉を毎日、伝える人になりたいと思いませんか?


感謝の習慣が、いい人生をつくる中井俊已

感謝の3段階

①人から何かしてもらって感謝する。
②当たり前だと思っていたことに感謝する。
③辛く苦しいときにも感謝する。

頭では、わかっていても、ちゃんと習慣にしないと、周りの方に伝え忘れてしまう、感謝の言葉。

「ありがとう」の感謝を習慣にできたら、良い人生をつくれる。

定着するまでは、オーバーな笑顔とともに、「ありがとう」を繰り返そうと思える一冊でした。

自分の家族、友人、職場の同僚などに、無意識に感謝を伝えることが習慣化できれば、幸福感は増してくるのは間違いありません。

私は、我が家の子猫にも、話しかける言葉に感謝の気持ちを表わそうとしています。おそらく、伝えっているような表情をして、私を見つめてくれます。

当たり前の日常の中にも、感謝できることは、山ほどあります。

サラリーマン同志の皆さん、険しい顔で過ごしたり、些細なミスにイライラしていませんか。

当たり前のこと、日常であっても、ありがたいと感じる気持ちと、感謝の言葉を相手に伝えるのが、普通になれたら、ステキだと思います。

感謝の思いを言葉にして、相手に伝えると、笑顔や感謝の言葉が返ってきます。