人生において本当にコントロールできるものは自分の心だけなんだ

シェアする

人生をかがやかせる方法、勇気と希望を教えてくれる感動のストーリー

image
すべてが奇跡に変わるときマーク・フィッシャー/奥野節子訳

実業家の作家がストーリー仕立てでメッセージを伝える。

挫折したゴルファーが、靴磨きから成功した大金持ちに夢をかなえるための教えを受ける物語。

成功へ向けてのサクセスストーリーを伝える、定型本だと言えるのかもしれません。

相手と戦うのではなく、自分自身の心との戦いが重要であり、大切な家族、恋人、師などとの愛と信頼関係が基本になるという点も、王道でした。

人生に奇跡を起こす為に、何が必要なのか。

色々な要素はあると思いますが、自分自身に対して、冷静な気持ちを持ち続けながら、ダークで、弱い自分の陰の存在に負けないことは、本当に大切です。

何事も、自分の道を防いで邪魔をするのは、他人や世間ではなく、自分そのものの弱さ、固定概念のような存在の可能性が高いのです。

”人生において本当にコントロールできるものは自分の心だけなんだ。”

多くの示唆を与えてくれる大金持ちの老人が発した言葉の中で、強く心に刻まれたフレーズです。

プロのアスリートに限らず、最後は、自分の心と向き合うことができるかどうか。

その為には、瞑想を行ったり、自分自身と向き合うための日記を書いたり、色々なアクションが必要になるのは、間違いありません。

1日に5分でいいから、自分の心と向き合う時間を作る。

忙しい日常に追われるサラリーマンにこそ、この貴重な時間を設ける習慣が必要だと私は思います。