「ゆる薬膳」という考え方

シェアする

何を選び、食べるかを考える!ダイエットと健康の為に

自分のダイエットと健康の為に、一番大切なものは生活習慣です。

特に、食習慣の重要性は、誰もが頭の中では薄々理解しています。

今まで、このブログでも、
「食べる順番」ダイエット
コーヒーダイエット

1日100g痩せるスキマビクス
などを取り上げてきました。

世の中には、●●ダイエットという種類は無数にあります。それぞれに成功者もいれば、継続できずに失敗する方法も多くあります。

今回、薬膳アテンドの池田陽子さんの著書を2冊読み、「ゆる薬膳」という考え方を吸収しています。


食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。池田陽子


「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!池田陽子

女性の冷える、むくむ、だるい、などの症状もターゲットに含む「ゆる薬膳」。

中医学の考え方として、カラダ全体のバランスが崩れているために、「太りやすくなる」というものがあるそうです。

ここで重要になる考え方が「気」「血」「水」が大切な要素。

この辺りにくると、わかるようで、正直、理解が難しくなる世界です。言葉と概念が少しずれているので、何を指すのかが、漠然としてしまうと感じます。

ダイエット実践方法は、3つ。

・7つの基本色材を取り入れる「日常食べテク」でヤセ体質に

・「季節に合わせた食べテク」で、通年やせっぱなしに

・「タイプ別食べテク」で一気にスリム化

季節やタイプというのは、難しい部分はありますが、7つの基本食材は簡単に取り組めそうです。短期集中ではない「一生キレイ」を目指す食べ方だけにチャレンジすることへ前向きになれます。

7つの基本食材とは、豆、キノコ、ナガイモ、青ジソ、サバ、黒きくらげ、海藻類です。
この中で、意外なのが、2種類ありました。ナガイモ黒きくらげです。

ナガイモなんて、「とろろ」と「千切り」ぐらいで、食事メニューの幅がないと感じます。でも、疲労回復、胃腸虚弱、更年期障害、糖尿病、慢性蹴り、精力増強などの効能があると言われてしまうと、食べざるを得ません。
スーパーで買って、この「山のうなぎ」とされるナガイモを多めに摂取しようと決めました。

黒きくらげも、地味な存在です。お店で食べる八宝菜など、意識して食べようと思うことのない食材。ダイエットの敵である血行不良を改善し、シミ・そばかす、アンチエイジングに良いとされています。でも、どんな料理に使って良いのか、わかりません。池田陽子さんによると、存在感がないからこそ、どんな料理に突っ込んでも、大勢に影響がないということで、カレーなどいろいろなものに加えてしまうことを提案しています。

もちろん、豆、キノコ、青じそ、サバ(青魚)、海藻類などは、他のダイエット本にも、考え方でも、取り上げられている食材です。

何を食べるのが良いのか。自分の身体に取り入れることを前提に、じっくりと考えて、楽しむことが大切です。

飲み会も外食もノーと言わずに、何を食べるかを指南してくれるスタイルは、誰もが共感を得ます。美意識の高い女性だけでなく、健康が心配な男性も、この「ゆる薬膳」を知識として得て、実践することを薦めます。

サラリーマン同志の皆さんも健康がなければ、どんなに優秀でも活躍ができません。少しでも良いモノを食べようと常に意識することがポイントです。