誕生日コミュニケーション論

シェアする

ソーシャルメディアと誕生日の関係

昨日、私は、誕生日を迎えました。日曜日ですから、家族からの祝福を受け、自分の親へ感謝の気持ちを伝えるという、中身の濃い一日を過ごすことができました。

友人・知人の誕生日を常に覚えていれるような人は、元々、相手へプレゼントをするのが得意だったり、お祝い事が大好きなタイプの方なのでしょう。

私自身、30歳でソーシャルメディアを始めるまでは、無意識でした。

ソーシャルメディアの誕生日アラートの存在で感覚が変わります。

「今日は、●●さんの誕生日です。お祝いメッセージを送りましょう!」

と画面に表示されることが増えるたびに、相手との親密度に関係なく、簡単なお祝いメッセージを送るようになりました。

image

この行為は、0円ですし、送られた側も嫌な思いをしません。

mixi中毒に近かった時期、私は、毎日が誕生日というコミュニティを作るほどでした。365日、誰かに必ずおめでとう!と言えるのは、毎日、誕生日の知人・友達を増やすしかないと考えたからです。

不思議なもので、なかなか、365日を揃えることはできません。必ず、特定の日にだけ、誰も誕生日の人がいないのです。誕生日を確認してから、人と知り合うことはないだけに、多くの知り合いを増やそうと活動しがちです。

でも、人数を増やすだけの行為は、つながりの薄い関係を広げるだけだと気づきました。私の側が相手への興味、理解が減ってしまうことになり、当然、相手も私への関心などは、ほとんどありません。数合わせの論理的になってしまい、本末転倒です。

一方で、久々に連絡を取るきっかけになるのも、誕生日になることも増えました。年賀状や暑中見舞いの習慣が廃れているだけに、友人、知人へ定期的に連絡を取る機会は減りました。

近況は、Facebookで知ってもらえればいい、必要があればLineのグループを作ってコミュニケーションを取ればいいといった感覚です。

正直、受け身な情報受信ではなく、定期的に連絡を取らないと、関係性は薄くなります。もともと、ゆるい関係性がソーシャルメディアの特徴ですから、相手に何かを強要するのは、良くありません。また、ツールとしての利用頻度も個人差がありますから、双方のギャップは埋められないのでしょう。

何かあった際に、連絡が取れる手段としては、ソーシャルメディアの1対1でメッセージが送れる機能は効果を発揮します。日常の一環として使うには、誕生日メッセージ程度が、気軽です。

誕生日をビジネスで活かすのは、DMやメールでの特典付き販促活動でストレートに現れます。誕生月には、外食やお買い物をすると特典だらけ、と感じるのは、アニバーサリーをきっかけにして来店、購買を促そうとするマーケティング手法でしょう。

もちろん、つい、この情報に心を動かされて、消費者である、私は、何かのアクションを起こしがちで、無駄づかいを後で反省したりします。

誕生日へのお祝いメッセージをしよう!

誰もが年に1度は迎える誕生日。ソーシャルメディアで繋がっていれば、相手の誕生日を知る機会は増えます。1日遅れても構わないので、アクションをしてみませんか?嫌な気持ちがしませんから、絶対に。そこまで手間がかかる行為でもありません。

集中的にお祝いが来る誕生日の相手からの返信がないことは、無視ではありません。

日常の仕事に疲れて、余裕がないと感じるサラリーマンであっても、通勤電車内で、ちょっと調べて、すぐに送ることができます。相手のことをもう一度、思い出して、何らかの関係性が生まれたり、変化を感じ取れることも、素敵なことではないでしょうか。