痛み・こり・しびれは、ゆがみが原因では?

シェアする

体の不調はゆがみにある!

最近、自分の中で、密かにブームになっているのが操体法という体の調整・メンテナンス法です。

操体法(そうたいほう)は、仙台の医師 橋本敬三(1897-1993)が 高橋迪雄(みちお)の正體術など民間の健康法療術をみずから実践し、肉体の変化が進む過程で何が起きているかをつかんだ結果生まれたものである。初期の理論(著書に詳しい)では、客観的に骨格構造を観察して、運動系の歪みを修正(治療)することを主題としているのが特徴。その後、客観的な見方を離れ、個々人の内部感覚(快・不快)にもとづいて、生体のフィードバック機能を洗練させることが重要であることをより強調する形になった。現在では、より質の高い快適感覚を「からだ」に聞き分け、味わうという感覚分析をするようになってきている。(Wikipediaより)

この解説を読むと、小難しいので頭が痛くなるかもしれません。

一番のポイントは、痛くない方へ動いてゆがみを治す、という点にあります。

image

バランス操体法: 痛み・こり・しびれの診断と手当て (健康双書)久光正太郎

この本の場合、操体法に加えて、ストレッチと筋トレという基本的に誰もが知っているアプローチも加味している点が親切に感じました。

個人的には、まだ、身体の動きとして理解しきれていないので、「両ひざ倒しの操法」だけを毎日意識して実践しています。
正直、体調に寄って、マチマチではありますが、快適な感じがした時は、体のゆがみが改善したような感覚、気持ちよさを得ることができます。

しばらくは、この方法をきわめて、自分のコンディション作りに役立たせてみようと思います。

引き続き、このブログの中で、体験や実践の結果等をお伝えしていきたいと思います。

あなたも、一定期間、社会人を続けていれば、心身ともにガタが来ている部分はあるはずです。お酒、タバコ、ギャンブルなどでストレス発散も悪くはないですが、根本的に自分を良く変えるためのアプローチではないと、私は考えます。
少しでも、良いと思うものは、自分に取り入れて、実践してみる。その上で、合う合わないは、後で判断すればいいのではないでしょうか。