「イミダペプチド」を飲んでます

シェアする

イミダペプチド!疲れ対策を!

新聞広告に出ていた「イミダペプチド」を見かけたタイミングで、私と家族はだいぶ疲れていました。

イミダペプチドは、長時間連続した運動を必要とする生物の最も酷使する部位に多く含まれています。
渡り鳥は、数千キロの距離を休むことなく10日間も飛び続けることができます。大型回遊魚である、マグロや鰹は、最高時速100kmで泳ぎ続けることができます。

産官学連携抗疲労食薬開発プロジェクトにおいて、23種類の食品成分を科学的に検証した結果、それらに作用し、最も抗疲労効果が認められたのが、「イミダペプチド」だったのです。

「イミダペプチド」は、体内に吸収された後、骨格筋へ移行します。そこで、抗酸化作用を発揮し、体内のエネルギー供給システムを活性酸素から守り疲労を軽減するのです。筋肉だけでなく、脳にも「イミダペプチド」がたっぷりあれば、疲労からの回復も早く、慢性的な疲労感も軽減するのです。

これらの情報を入手した上で、購入してみました。

日本予防医薬 イミダペプチド240 30ml×10本

値段は高いけど、お試しで安い料金だったので、トライアルしました。
2009年3月から発売されているドリンクです。21万人の方に愛用されているという実績も信用して、飲んでみました。

味は、美味しいとは言いにくいというのが第一印象です。後味が少し気になります。

飲み始めて2週間が経過して、疲れがたまりにくいという感覚がします。
試しに、週末、飲まずに過ごすと、コンディションが良くなくなりました。

ドリンクではなく、ソフトカプセルに切り替えようと考えています。取り入れる量をコントロールしやすいという点を重視しました。

サプリやドリンク系は、飲む側が商品への信頼、信用があるか、ないかで大きく変わるような印象があります。

サラリーマン同志の皆さんも、疲れがたまって、栄養ドリンクに頼ったり、精がつくような食べ物を味わうことで元気になろうと意識していることがあるでしょう。何が合う、合わないは個人差はありますが、自分の身体をケアして、コンディションを上げるものを見つけていければ、日々、楽しく、元気に過ごせるのだと思います。