「シェア&シェア」は、利チーム主義!

シェアする

ギブ&テイクの時代じゃない!

自分が学んだ知識や経験を、他の人に伝えることで、何か新しいものが生まれるかもしれない。昔は、ギブ&テイクとされて、テイクが欲しくて、ギブをしているケースが多かったと言います。

今は、「シェア」(共有)の時代。

例えば、シェアハウス、カーシェアなども、個人だけで所有するのではなく、他の人と共有利用をすることのサービスが広がっている。ネット上でのWEBサービスも、シェアの概念が多く含まれているものが多い。

“ギブという意識では、いつかテイクできることをつい期待してしまう。ずっとギブできる人は利他主義を徹底できる人です。テイクばかりの人は、利己主義の強い人です。
「シェア&シェア」には、やじるがありません。各人は、チームに対して、自分の存在価値を認めてもらう機会として、積極的に自分の提供できるモノ、情報をシェア(共有)します。そこでは、自分がシェアすることで、自分の価値をチームに認めてもらえる。まさに自己実現です。”

“「シェア&シェア」は、利他主義でもなく、利己主義でもなく、利チーム主義。”

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?【実践編】戸塚孝将

image

戸塚さんは、ゴールドマン・サックスで日米欧アジア企業のM&Aアドバイザリー業務、ハーバード経営大学院(HBS)にてMBAを取得、マッキンゼー&カンパニーで戦略コンサルティング。その後、独立されて、シーネクスト・パートナーズを設立。
まさに、エリート街道を歩んできた方。

その彼が、エリートの基本を語る中で、私は、「シェア」の内容が大変興味深く感じられました。

とにかく、なんでもいいから「シェア」をすれば、他者に貢献できるのだろうか、という疑問が、ずっと頭の中に引っかかっていました。

「シェア&シェア」は利チーム主義。

この言葉が大変しっくりとしました。自分が伝えるブログの内容も100%オリジナルとは言えません。書籍や名言、何らかのエピソードをベースに、自分の思考をアウトプットしていく。読んでくれている方に、何らか伝えたいメッセージが刺さり、その後、私の知らない第三者にも、伝えてもらえることがあるかもしれない。

誰かに何かを伝えることでお金を稼ごうというのではなく、伝えることがヒントになり、新しい化学変化のように、広がっていくことがあれば、とても幸せな人生だと感じるようになりました。

サラリーマン同志の皆さん、是非、「シェア」の精神をもって、一緒に行動しましょう。日常のビジネスでも、家族や知人の間でも、それ以外の関係性の中でも、多くの「シェア」をした方には、自分にもたくさんの「シェア」が訪れて、ワクワクするような出来事が、多発していきます。