【レビュー】『どこでもできるはじめての瞑想』宝彩有菜

シェアする

瞑想トレーニング中

今年に入り、始めようとしていることの一つに、「瞑想」があります。

以前から、興味関心があった分野ではありますが、最近、書店で見かける「マインドフルネス」系の本や、瞑想を実践されている方の感想を聞くと、自分を高めるために必要なアクションだと考えているからです。

image

“瞑想とは、「目を閉じてなにも考えないこと」です。その目的は、「雑念の整理整頓」です。では、なぜそのように整理整頓するかといえば、頭をより調子よく働かせるためです。”

どこでもできるはじめての瞑想 (イースト新書Q)宝彩有菜 という入門書的な一冊から読み始めることにしました。専門書を読む前に、まず、ビギナー本から手を付けて、抵抗感をなくするのは、私の読書パターンです。

瞑想の効能は
・悩みが消える(心)
・ストレスに強くなる(心)
・クヨクヨしなくなる(心)
・イライラしなくなる(心)
・人に優しくできる(心)
・性格が明るくなる(心)
・リラックスできる(体)
・肩こりや腰痛が消える(体)
・熟睡できる(体)
・食べ物がおいしくなる(体)
・理解力がアップする(頭)
・集中力がアップする(頭)
・記憶力がアップする(頭)
・判断力がアップする(頭)
・洞察力がアップする(頭)
・発想力・企画力・交渉力がアップする(頭)

健康番組も真っ青になるほどの素晴らしい効能の数々に驚かされます。

瞑想は、無思考になることであり、「集中」「気付き」「棚上げ」で頭の中を整理整頓する行為だと解説されています。

なかなか、無の境地、無思考になるのは、難しいです。頭の中の邪念や、気になることを「棚上げ」する感覚が一番のポイントです。

あぐらの姿勢や呼吸法など細かい点も書かれているので、ベーシックとしてチャレンジしてみていますが、15分続けることができれば、大成功です。途中で頭をよぎる雑念が気になってしまいがちです。もしくは、私は、瞑想を就寝前に行うので、気がつけば寝てしまっています。

この本の良さは、日常生活の中でも瞑想を行える場面を取り上げていることでした。
正式な形にこだわるのも大切ですが、まずは、「瞑想」に取り組める機会を増やすことが習得の近道になると理解できました。

サラリーマン同志の皆さん、飲み屋でストレス発散も、タバコの一服もいいですが、「瞑想」もオススメです。誰もが、0円で取り組める方法です。日々の疲れやストレスを取り除く為に、チャレンジしてみませんか?