習慣を身につければ人生が変わる!

シェアする

習慣化は誰にでもできる!

潜在意識の力を活かすことができれば、人はもっと成長できるし、成功できる。
何度も耳にした潜在意識論ではあります。
顕在意識の20,000倍以上のパワーが潜在意識にあると言われると、その魅力を感じます。

“習慣化を成功させる為には、潜在意識の安全安心欲求をしっかり満たしながら勧めることが肝心”

現状維持を求める潜在意識に抵抗されてしまうから、習慣化は困難で、挫折しやすい。三日坊主になるのは、このあたりに原因があるように感じます。

私は、自分を変える習慣力 (三浦将)を常に、手元に置きながら、習慣を忘れないようにする習慣を植え付けようとしています。

“習慣化の最初のフェイズで大事なことは、「成果を上げること」ではなく、「定着させること」です。”

良い習慣を作り、結果であるゴールを求めてしまうと、ハードルが高くなりやすい。

私も、このブログを始めるにあたり、どれぐらいのPVを求めようとか、価値のある情報を発信しようとか、高い目標を設定しそうになっていました。
まずは、どんなことがあっても、どのような内容やレベルであっても、とにかく毎日書き続けること。最初に、この目標を習慣化の基本として設定しました。

最初の数日の緊張感はたまらないものでした。誰かに求められた目標、新しい習慣ではないから、無理をする必要はありません。1日1本のブログ記事ならば、なんとか書き続けることはできるはず。

3日をクリアし、2週間目ぐらいの朝に、書くネタが浮かばないというピンチに陥りました。過去に読んだ本の自分のレビューを焼き直すことで乗り切りました。面白い、つまらないという価値判断は後回しで、なんとか続けるためには、この選択は正しかったと思います。

1ヶ月をクリアした時点で、書いてきた内容を見直した際に、反省する点はあったものの、言い訳をせずに、とにかく、続けようと決意しました。

最大のピンチは、尿管結石との戦いで苦しんだ一日でした。この日の投稿は、前日までに書き溜めていた記事をアップすることでクリアしました。予備の記事を用意しておく余裕の大切さを実感できました。常に、余裕のストック記事を書いておくわけにはいきません。(ブログネタの軸となるタイトルストックは抱えていますが)

この体調が悪い日を乗り切ったことが自分の自信になりました。どんなことがあっても、生きてる限り、ブログを毎日書き続けることができるはず。

内容や体裁が酷く、後からリライトしたことは何度もあります。

3ヶ月を越えて、半年を越えたタイミングで不思議なことが起こりました。すると、この【サラサポ】ブログ自身が、私を支えて、新しいスタイルのブログを書く機会を与えてくれました。更新頻度は、高くないものの、違うスタイルの記事を書いていくのは楽しみと緊張感が生まれています。

ブログを書き続けるということを習慣化したことが、自分に幸運を運んできたのは間違いない。徳本昌大さんをはじめとして、ブログを書き続けることを応援してくれた方に、心から感謝しています。

“だから、頑張らない、無理しない、それでいて日々粛々とやることはやる、これが大事なのです。”

今、他の習慣もコツコツとスタートしています。どれだけ、無意識で、自然な状態で定着させるようになるのか。その先に、自分が変化することをイメージしながら、小さなことから定着を最優先に取り組みます。もちろん、頑張りすぎないように。

サラリーマン同志の皆さんも、自分の望む習慣を身につけましょう。過去の失敗など気にする必要はありません。ただ、小さなことを毎日続ける。飽きずに、諦めずに、毎日コツコツと。きっと、人生は大きく変わっていくはずです。私と一緒に、習慣化に取り組むサラリーマン同志を応援していきます。

【サラサポ】関連リンク
「習慣力」養成講座レポート(1)人間とは習慣の塊である
「習慣力」養成講座レポート(2)人生を変える習慣と潜在意識
「習慣力」養成講座レポート(3)習慣化への7つの鉄則
「習慣力」を身につける方法
悪い習慣のリスト化!