「御朱印帖」をもって、全国の神社仏閣をまわろう!

シェアする

御朱印帖を買って、いよいよスタート!

私の夢リスト(My Wish List)の1つに、「全国の神社仏閣をまわる」というものがあります。当初の夢リストにはなくて、夢リストの見直しをした際に、加えられました。

今、大ブレイク中の一冊があります。

成功している人は、なぜ神社に行くのか?八木龍平 

まだ、電子書籍として購入しましたが、1ページも読んでいません。でも、読んだ人のレビューを見ただけで、私には引き寄せられるものがありました。

神社仏閣巡りは、もともと、嫌いではなかったので、これからは、しっかりと廻った証とするために、御朱印を集めながら、お参りをすることが自分のモチベーションにも繋がると考えて、決断しました。

先日、浅草寺で御朱印帖(帳)を購入しました。(1500円)

image

御朱印をもらいたい人で行列になっていて、ビックリしました。御朱印ガールと呼ばれる皆さんもイキイキした顔で並んでいました。強い熱気を感じます
御朱印を一つ頂くには、300円程の費用がかかります。

誰でも簡単に御朱印を頂くことが出来るので、スタンプラリーと勘違いする方もいるかもしれませんが、大きな間違いです。(私も、浅草七福神巡りでスタートしたので、途中、意識がスタンプラリー的になりかけました。)

御朱印集めの起源は、四国八十八カ所霊場巡りなどであると言われています。
霊場巡礼とは、あらかじめ決められている札所(お寺)を順番に巡り、その全てを巡り終えると願いがかなうという参拝の流儀です。
この霊場巡礼の際に各札所で御朱印を頂き、参拝のあかしとしているのですが、この巡礼+御朱印が御朱印集めのルーツだともいわれています。

御朱印は本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印として始まったようです。江戸時代後期からは、参拝のあかしとして頂けるようになったそうです。その後、神社にも広がり、今では多くの寺社で頂けるようになりました。

御朱印は、御守やお札と同じく神仏や寺社名が書いてありますので、尊い存在と捉えるものです。
また、書いてくださる方は心を込めて一字一字ていねいに書き押印してくださいます。印刷物ではないので、この世に同じものは作れません。自分のためだけに書いていただけるので、粗末に扱わないように、ずっと大切に保管するものです。

御朱印はどんな紙にでも書いて頂けるわけではなく、基本的には持参した御朱印帳(帖)に書いてもらいます。
御朱印帳は、A5サイズくらいの大きさが一般的です。ジャバラ式とひも綴じ式の2種類があります。

御朱印でも書いてくださる方によって筆跡は違いますし、押し印は押し方の強弱や朱墨のつき方によって濃淡が違ってきます。御朱印による不思議な「ご縁」とパワーを感じます。

これならば、自分が出かける先に手持ちしていけるアイテムになり、神社仏閣をまわり、パワーを頂きながら、新しい神秘の世界を学べるようになると直感に従うことにしました。

サラリーマン・サラリーウーマン同志の皆さん、初詣や先祖のお墓参り以外にも神社仏閣に廻ることはありませんか。史跡に足を運べば、必然と1つ以上、足を運ぶのではないでしょうか。せっかくならば、一緒に、御朱印を集めてみませんか?