来年の準備を始めよう!今年を振り返りながら

シェアする

12月になったのだから来年の準備を始めよう!

年末ギリギリまで忙しい日々を送る人は多いでしょう。忘年会、クリスマスなど本当にウキウキする季節です。

一方で、今年一年を振り返りつつ、来年の準備をするのにも最適な時期だと言えます。年初に、一年の誓いを立てるのも悪くありませんが、お正月モードで立てる目標は、どうしても大雑把だったり、無計画なものになりがちで、三日坊主の大量生産を生み出している原因かもしれません。

まず何をやるのか?

・今年やりたかったことは何かを思い出し、結果としてどうなったのか。

・今年辞めたことは何か。それによって、どうなったのか。

この2点から始めてみましょう。

私の場合、長年やってみたかった、ブログを作り、投稿を続けるという夢が、ある日、スイッチが入ってスタートし、今日まで休まず続いています。結果として、自分の1日の時間の使い方のなかで、アウトプットするための時間を作り出すために、無駄な時間を削るなり、今までよりも早起きをする行動に繋がりました。
また、アウトプットをするためには、インプットが必要で、そのために情報収集をしたり、アンテナを張り続けることに意識を集中できました。

他にも、セルフメンテナンスを強化するために、操体法を学んだり、瞑想に関する本を読み、自分自身をケアすることにも時間を割きました。まだまだ、足りない部分はありますが、猛烈な疲れがたまり、ストレスが蓄積するという感覚は、少し改善されつつあります。

もう一つは、今年も成し遂げきれなかったことがあります。自分の健康のためのダイエットです。今まで学んできた知識を繋げれば、やってはいけない食事、運動不足などがわかっていながらも、続けきれず惰性になってしまいました。今後に向けて、最大の課題です。

今年辞めたことは、自分自身のネガティブでリスクを心配する考え方です。後ろ向きに考えても、何もいいことがありません。無責任すぎると感じるぐらい、ポジティブに考えて、とりあえず一歩踏み出してみること、なんとかなる方法を、フレームを切りながら考え出すこと。アイデアとアイデアを組み合わせる発想を持つことなどにより、できない理由を探す頻度が減りました。

もう一つは、無駄な残業を辞めました。早く帰れるのであれば、とっとと仕事を切り上げたり、夜に予定を入れることで、日々のデットラインを明確にしておくと、ダラダラせずに、スピード感を持って仕事をこなせるようになります。残業0とは言えませんでしたが、無駄なことに時間を割くことは、人生の無駄になると決めて、良い意味でさぼりながらも、力点を入れることに集中できました。今後も、本業での成果は意識しながらも、労力や時間よりも、生産性を重視していきたいと考えています。

結果として、私の笑顔が増えたり、楽しそうな毎日を送っていると周りから言われる機会が増えました。まだまだ、変えたい自分、やりたいことは山積みではありますが、1つ1つ夢を叶えるように、チャレンジしていきたいと思います。

自分の夢を叶えるための重要なパートナーが【逆算手帳】 GYAKUSAN planner 2017年版 A5 ダブルマンスリー(ガントチャート&カレンダー)です。

手帳カウンセラーで、GYAKUSAN株式会社 代表取締役社長兼CEOのコボリジュンコさんが長年の自分の研究と実践を踏まえて、こだわり抜いて作られて手帳です。

GYAKUSAN planner(「逆算手帳」)「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てることに特化した手帳です。

image

(私の場合、ブックカバーを手帳カバーとして転用しました。肌触りも含めて気に入っています)

自分の人生にVisionを掲げて、Planを作り、確実にActionを続けていくことの大切さを語り、その実践のためのアイテムとして、逆算手帳があります。

自分のやりたいこと、夢をWish Listとして、固定概念や常識に縛られず、100リストを書き出すことから始まります。

漠然と考えていること、いつかやりたいと思っていたこと、無理だとあきらめていたこと、あの人の真似をしてみたいこと、人それぞれ、いろいろな夢が出てきます。この100件を成し遂げるために、ビジョンを掲げて、ゴールから逆算して、プランニングしていきます。

10年のスケジュールプランを書き出し、1年のプランを設定して、1ヶ月ごとのアクションまで落とし込み、週単位の計画に連動させること。そして、日々の行動を立てて、振り返っていくこと。反省するだけでなく、次に活かすことを前向きに捉えることができます。

不思議なことに、小さな夢から徐々に叶い始めています。理由は単純で、潜在意識まで含めて、自分の中にキープすることで、心や脳のレーダーが何かを呼び寄せたり、つながっていきます。夢を叶えるために、行動を最大化するには、何が必要なのか。やらないことを決めることで、時間を生み出すことが出来ます。

私の場合、テレビを見る時間が減りました。新聞を読む時間を短縮しました。無駄な残業時間を減らしました。この3つだけでも、大幅に改善されて、本を読んだり、ブログを書いたり、交流の場に参加したり、家族との楽しい時間を過ごすことで増えました。

サラリーマン・サラリーウーマン同志の皆さん、盛り上がり、そわそわする年末年始だと思いますが、そんな中でも、自分自身の時間をコントロールしていきましょう。自分の夢を叶えて、楽しくワクワクする人生を作り出すために。