大掃除に向き合う!

シェアする

大掃除をしない、いや、好きになる?感謝する!

大掃除は、各家庭での年中行事となっている方も多いでしょう。
我が家でも、毎年、日程を決めて実施します。

正直言うと、面倒くさい。
毎日、ちゃんとキレイに掃除できていれば、大掃除は不要なのではないかと考えたり、外部のサービスを使って大掃除を代行してもらうような邪念が浮かびます。

少なくとも、一日集中で、全部をキレイにしようというのは無理がある。

とすると、毎月、掃除ポイントを決めて、きれいにする日を設定して、ローテーションしていたら、どうでしょうか。

先月は、キッチン集中を○日に。今月は、ベランダなどに限定。来月は、寝室を模様替しつつキレイに。

とすると、一回あたりの大掃除はテーマが絞られて負担が減ります。
前回からの経過期間で、また、汚れてくるので、日々の掃除が鍵を握ります。

日々の掃除を簡単にするには、どうすればいいのか。
掃除にかける時間を短くし、ルーティンにしながらも、楽チンで過ごす方法があれば、大掃除さえ、短時間で済むはず。

整理整頓と収納という案が浮かびます。モノの場所を決めて、いつも、同じところにしまうことで、散らかるという問題が解決します。

また、余計なモノを手に入れない、迷ったら捨てる・譲る、というスタンスであれば、モノが増え続ける課題も解消できます。
ときめかなければ捨てるという、コンマリ流の「片付けの魔法」的な作戦も有効ですが、家族が多いとなかなか難しくなります。個人の思い出や、いつか使うかもしれないというモノを減らすのは困難です。

では、1つを手に入れたら、1つを捨てる・手放すというスタンスはどうでしょうか。

これであれば、モノの総数は抑制できます。無駄に増えすぎないようにしておき、常に、クリーンな部屋、家、オフィス、デスクを心がけていれば、大掃除は形式だけになります。

毎年、私個人として、同じことを考えていますが、なかなか実践ができていません。

もしかしたら、大掃除という行事が好きなのかもしれません。モノへの感謝を忘れずに、片付けに没頭できる時間。日常でありながらも、半日常的な感じが、自分の心までキレイに洗濯してくれるような感覚はあります。

高い場所や、などなかなか掃除が行き届かない場所にさえ、「日頃から、掃除ができずに、ごめんなさい、いつもありがとう」という感謝の気持ちで、大掃除に迎えたら、楽しくなります。

やはり、大掃除という年間行事は、地味ですが、必要なものです。