ダイエットツールと人の支援があれば、絶対に成功できる!

シェアする

タニタの活動量計(カロリズム)とアプリ(HealthPlanet)

「今回のダイエットは、本気なんだね!」

今回の私のダイエットに際して、恒例の無駄な活動だろうと冷ややかな目で見ている家族が、この言葉を投げかけてくれています。

確かに、今まで何度も、「ダイエット宣言」をして、若干の成功を経ても、リバウンドすることを繰り返していただけに、諦めとも言える失望感は強く持っています。

どんな方法、ノウハウを試しても、最終的に、ダイエットは失敗で終わりました。

自己管理能力不足の問題で、自分の性格面も含めて、無理なのではないかと言い訳を前提に考えていました。

これでは、自分の人生は終わりに向かって下り坂を進むだけかと、マイナス思考になりかけていました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)のリンダ・グラットンの影響だけではないですが、長い人生を健康に生きられたら、もっと自分のやりたいこと、叶えたい夢を諦めずにチャレンジできるはず、と考え方を改めました。

その大前提に向けては、痩せなければ、自分の一歩目はチェンジできないと心に決めて、動き出しました。

元々もっていたオムロンの活動量計が壊れてきたことも踏まえて、新しく買い替えることも早々に決めました。

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム シルバー AM-161-SVを新パートナーとして選択しました。理由としては、当然、体重・体組成計のアプリと連動できるという特徴を踏まえて、手元で一括に健康管理に繋げられるというメリットでした。

やはり、アプリへの転送が使えるので、データ管理が楽になり、体重と活動量との関連性などをスムーズに把握できるようになりました。

俄然やる気になっています。

今回のダイエットは、トータルコストとしては、あの「ライザップ」と大差ないかもしれないほどになっているかもしれません。もし、失敗すれば、投下したお金が全て無駄になるというリスクを背負う決断を下しました。

誰の為に、痩せたいのか。何のために痩せるのか。

自分と家族、応援してくれる人たちの為に痩せたいのです。自分の人生をもっと輝かしいものに変えるためのスタートラインとして痩せるのです。

今までのダイエットは、ゴールでした。

完全に考え方が違うのです。これにより、自分のスタンスも取り組む姿勢も、見ているビジョンも大きく変わりました。

ここに至るには、「逆算手帳」というツールがあり、その思考を叩き込んでくれている、[名言コツコツ]でも有名なコボリジュンコさんの支援も効いています。

同時に長期に渡り、指導・サポートをしてくれているイエットコーチの小林一行さんのお力添えも、心からありがたいと感じています。

私の周囲で支えてくれる人たちのためにも、絶対にダイエットを成功させてみせる。

2017年の私の中で、優先度がもっとも高いプロジェクトです。

ここを突破しなければ、他のことが連動して動けないのです。常に、逆算手帳のガントチャートを見ながら、このダイエットのマイルストーンとしての存在を考えています。

ツールに、考え方、人のサポートなど、トータルで揃った仮想チームがあるのだから、私は負ける気がしません。

もし、本気でダイエットをやりたいならば、自分の周りを巻き込み、巻き込まれて全力で取り組むことを推奨します。(逃げられないというプレッシャーに潰されない方に限りますが)