始まりと終わりを繰り返すことが人生

シェアする

始まりと終わりはどちらも避けられない!

年度替わりの春、年末年始などを迎えると、人生とは、始まりと終わりの連続していることを感じます。

“すべての終わりは、新たなる始まりである。”

この春、自分自身の変化は小さなものですが、家族にはチェンジが訪れています。

スマホでLINEが繋がれば、関係性は絶えないという話も聞きますが、リアルな接点が減り、途絶えることは増えてきます。

繋がっているような感覚はあっても、密度が薄まることで、終わりに近いと言えるでしょう。

終わることへの感慨、寂しさと始まることへのワクワク、ドキドキ感が交差することで、人生の変化を味わいます。

“生涯の終着点を生涯の出発点と結びつけることができれば、最も幸せな人といわねばならない。”(ゲーテ)

ゲーテの言葉は生と死を語るようで深いです。幸せとは、終わりと始まりを結び付けられた人に訪れるのは真理であろうと思えます。

ただ、終わりはハッピーエンドには限りません。異なる着眼点の名言に深いものを得ました。

“始まりのない終わりはない。反省、点検すべきは、むしろ始まりにある。”

物事が途中で終わってしまうのは、始まりに原因がある可能性が高いのではないでしょうか?

まず「始まり」に注目して、きっちりと整えて挑むことをおろそかにしないようにしましょう。最初の一歩には勇気と明らかな意図・プランが必要です。そうすれば、いつか訪れる「終わり」もステキなものになるはずです。

<告知> 「サードプレイス・ラボ」

第3回 研究会「夢リスト100を作ると何が変わる?!」

【日時】
2017年3月23日(木)19時〜
【場所】
東京都中央区銀座2丁目7番18号 銀座貿易ビル6階(メルサGinza-2)
【テーマ】
「夢リスト100を作ると何が変わる?!」 サードプレイス・ラボは、参加するメンバー個人の夢をギバーの精神で応援・サポートして いく活動組織です。個人の夢をしっかりと描けているでしょうか?子供の頃の夢、漠然とし た思い、それらを1つ1つ書き出して、夢リスト100を作りましょう。夢リストの作り方、 考え方、その結果どんなことが起こるのか、を解説していきます。実際に、ワークとして夢 リストを書いてみましょう!そこからがスタートです。

▼詳細内容とお申し込みは、下記のFacebookイベントページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/1407543929310291/