【レビュー】『働き方Next 選ぶのはあなた』日本経済新聞社編

シェアする

働き方のスタイル・価値観が大きく変わっている!

以前は、自分と仕事、自分と会社が合わないと思えば、転職を勧めるというのが、スタンダードでした。

今は、現在の働き方が自分に合っているのか、合っていないのかを考える時代に変わりました。

必ずしも、都心で働くだけが幸せになる道ではありません。

女性だからポジション(出世)が制限されるわけでもなくなったようです。

定年も伸び、セカンドキャリアをどう生かすのかも、個人次第です。

企業ではなく、NPOなどで社会貢献を求める働き方も広がっています。

ネオ職人として、海外に移住して働く。

働き方Next 選ぶのはあなた日本経済新聞社編

実例を交えながら、バランス良く展開する一冊という印象。

就社という意識を変えて、終身雇用は存在しないとドライに言い切るには、まだギャップがあるのかもしれません。

多様化されている時代に、どういう働き方、そして、生き方を選ぶのが良いのか、しっかりと考えて、選択することが重要だと理解することが必要に変わりました。

本当の意味での職業選択が自由な時代が訪れています。

所属する会社組織よりも、個人の働き方を優先させること。

もちろん、幸せなだけではなく、苦労も多いのでしょうが、依存しない生き方という点では、納得感の得やすいワークスタイルを求められる点は、誰もが歓迎すべき環境が整っているとして、喜ぶべきでしょう。