身体を入れ替わる?夢と現実を交錯する?「夢チェン」してみよう!

シェアする

身体が入れ替わるのは妄想?

ドラマや小説の中でお互いの身体が入れ替わるストーリーは、ハラハラ&ドキドキする定番。

最近で言えば、大ヒット映画「君の名は。」

現実では起こりえないだけに、妄想的になります。

男と女。大人と子供。一般人と有名人。

お互いのギャップがあればあるほど、驚くリアクションが面白い。

物理学など学問的に「身体入れ替え」を論じているブログなどを読んでみましたが、難しいのと非現実的すぎて、途中からは勝手な妄想をしてみました。

自分と妻が入れ替わったら…。
家事と仕事と育児をこなし、自由勝手気ままな夫にあきれて、美容に気を使い、オシャレをして、と想像する。顔も自分でないから、周りは誰も気づいてくれない。

自分と子供が入れ替わったら…。
友達と遊ぶ、飽きるまで夢中に遊ぶ。大人の話を聞いて理解しようとする。(この時、脳は自分なのだろうか、だとしたら違和感がたっぷり)

いずれにせよ、妄想するとニヤニヤできてしまいます。

夢と現実の交錯

人の身体が入れ替わるのが無理がある設定。

では、夢と現実を交錯したらどうなるだろう。

ありえない設定が目の前にある。

子供の頃になりたかった職業で働く自分をイメージする。

大人の「キッザニア」みたいなものがあったら、どうだろう。
自分がなりたい職業を体験できる。職業に限らなくてもいい。なりたいモノ、たとえば、ヒーローでもヒロインでもいい。現実とのギャップが大事。

死ぬまでに成し遂げたいという夢を考えてみる。

お金持ちになってもいい、なかなか行けない場所(南極大陸やエベレスト登頂)に足を運んでもいい。

他人からの見え方はどうでもいいから、自分がやってみたいこと、やりたいこと、夢を頭の中から吐き出してみる。

目の前の現実世界に生きているだけに、どれもこれも、無謀で、無理なものに見えている。

どうせ、自分にはできないから、と言い訳が頭をよぎる。

できないと決めているのは、自分自身なのだけれども。

もし、夢が叶ったら、どんな素敵な人生を過ごせるのだろう。

本気で、その夢を考えて、言葉にしてみるのは0円で、誰にも迷惑をかけない行為。

もし、夢をチェンジしたらどうなるだろう

そこで、私は、ふと考える。

ひとり一人にいろんな夢がある。他人の夢って、話を聞くだけではわからないことが多い。独特の世界観だったり、特殊なものであると理解できない。

だからこそ、自分の夢を語り、人の夢を聞いてみたい。

はて、他人の夢を自分が語り、自分の夢を他人が語る。

お互いの夢を入れ換えてみる。

夢をチェンジする。

他人の夢なんて興味ない。わけがわからないから。

相手になりきって、夢を熱心に話してみる。知識も情報も足りないなかで、想像力を働かせてみる。

身体が入れ替われる話のように、お互いの夢をチェンジしてみる。

無責任かもしれないけど、自由に発想できるゲームみたいなもの。

これを「夢チェン」と名付けてみる。(イメチェンみたいで良い響き)

大人が本気で楽しめるゲームになるはず。スマホなどのゲームのように音も画像もシナリオも設定されていない。アナログで想像力だけで勝負できる。対戦も、アイテムも、得点も競わない。参加者の脳を借りて、繋ぎ、発見する。

相手の夢を考える段階で、あなたには、ギバーの精神(貢献マインド)が目覚めてくる。

私のイメージでは、あなたと私、参加者の笑顔しか浮かんできません。

さあ、私と一緒に「夢チェン」を体験しましょう。

<告知>
第5回 【サードプレイス・ラボ】やらないことリスト」と「夢チェン」

2017年5月26日(金)19時〜   New民家バー(水道橋)

今回は、自分の良くない習慣を改める為の「やらないことリスト」に焦点を当てます。自分の嫌な部分を出すかもしれませんが、ここが「夢リスト」をかなえる為の裏側にある重要なポイントなのです。

また、今回は、「夢チェン」というグループでのゲーム形式の企画も準備・用意中です。これにより、サードプレイス・ラボの掲げる「Giver(ギバー)な精神」を学び、自分の夢の大切さを実感できる内容になっています。

プレミアムフライデーな月末金曜日企画なので、時間前スタートのプレ会と、終了後の懇親会を同じ会場でできるように調整中です。

参加申込は、Facebookイベントページからでお願い致します。
https://www.facebook.com/events/654650448056811/