質問!あなたは、相手のために、何か貢献できてる?ささいなことでもいいから。

シェアする

人に貢献することって、どんなことだろう?

若くて、がむしゃらに勢いがある時って、どこまでも自分のことが中心で、将来を考えてみても、主役である自分の姿しか存在していませんよね。

どんな学校に行くのか、どこに就職するのか、どんな相手と恋に落ちるのか、誰と結婚して、お金をどれぐらいもって…。

漠然とした自分の将来を描く時、やはり、どこまでも、自分軸で考えます。

徐々に、パートナーや子供という家族軸や、自分が所属する会社軸というので考える部分が生まれてきますが、あくまでも、自分周辺のグループに過ぎません。

「いやいや、社会貢献やってるよ!」

という人もいるでしょう。

ボランティア活動、募金・寄付、資源分別(リサイクル)などを当てはめれば、誰でも深く考えずに、実行できている話。

これらは、自分も形のうえで参加するケースは多くても、自ら、真剣に考えてやっているというよりは、たまたま、自分も加わったというレベルの話が多いもの。

人に貢献するという場合、大事なのは、主語が「相手が」に変わるのです。

Aさんが、困っていることを私も何か手伝いたい
Bさんは、こんなことに頑張っているので、私も何か応援したい。

1つ1つは、些細なことに感じるかもしれません。大したことに思われないで、貢献なんて言葉がオーバーすぎると指摘する方もいるでしょう。

本当に、わかっていますか?人へ貢献する意味を?

自分の時間、経験、知恵を相手の立場に立って、ギフトしてあげるって、ものすごいことなんですよ。

だって、限られた自分の人生の一部ですよ。貴重な時間、労力を割いてあげる行為って、本当に尊いと感じませんか?

「情けは人の為ならず」

このことわざは、意味の伝わり方が時代や背景によって、個人差が出ているようですが、元の意味は「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」ということです。

この「情け」を「貢献」という言葉に置き換えてみましょう。

「貢献は人の為ならず」

「貢献は人の為だけでなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも貢献しよう」という言葉に変換してみます。

短期的な貢献の価値を、自分軸で求めたら、世間では「打算」と呼ばれます。

長く広い意味で、貢献の価値を考えたら、相手の為にやっていることが、いつか、自分のもとへ誰かが貢献してくれる。

こう考えたら、ドキドキ、ワクワクしながら、誰かの為に貢献したくなります。

相手の喜ぶ「笑顔」を想像して、ちょっとしたギフトを送る気持ちをもって、行動してみる。

おせっかいに感じられてしまうかもしれない。
余計な行為と否定されるかもしれない。

ただ、繰り返している人は、みな、幸せな顔、人生を歩んでいます。

周りを良く見てください。素敵な人生って、全部、自分自身の力、運命だけで成し遂げられているとは言えないはずですよ。

私のできる貢献は、サードプレイスでの「ドリームサポーター」!

私の貢献できることは何か、突き詰めて考えてみました。
もちろん、厳しい苦行だけを求めたくありませんので、自分自身もワクワクと楽しみたい。この前提は崩しません。

普通の個人の本当の夢を叶える為に、私個人が応援・サポートする場を作り、仲間を募って、一緒に知恵や行動を持って支えていきたい。

私個人でできることは些細なことに過ぎません。でも、1人よりも2人、3人と増えていけば、それぞれの小さな貢献が積み重なっていくと、夢をサポートする力は、強いエンジンに変わります。

「笑顔セミナーの全国制覇をしたい」

以前のサードプレイス・ラボで、参加者の柏谷早智子さん(笑顔セミナー講師)は、語ってくれました。世の中に笑顔を溢れる方を増やしていく。その為に、伝道師として、全国をまわって伝えていきたい。

熱く強い思い、使命感にオーラを感じました。

【参考:以前、私が書いたブログ記事】
My smile is very charming.(私の笑顔は非常に魅力的です)

もちろん、彼女のビジネスへの貢献になりますから、金銭が発生するという考え方もあります。

ただ、純粋に、私は全国の知り合いに、どうすれば、この「笑顔セミナー」を実践してもらえるパートナーがいないものか、と思考を巡らせて、友人・知人検索を頭の中で始めました。すぐに、回答は出せませんでしたが、自分の潜在意識の中に刷り込んでいます。

ある日、ふと思いつきました。

私にも、彼女にできることがある!ブログに書いてお伝えする以外に、リアルに彼女の「笑顔セミナー」の良さを知ってもらえる方法。

「サードプレイス・ラボ」のメインコンテンツとして、取り上げて、実際に参加者に笑顔作りの体験をしてもらうこと。そこで、改めて、夢を語ってもらう場を作ろう。

決めたら、電光石火のごとく、フル回転でブルトーザーのように動けるのが私の良さ。(時々、空回りして失敗しますが、ご愛嬌で)

柏谷さん本人に依頼して、ラボのアドバイザーの徳本さんともご相談。
会場と日程を決めて、第6回のイベントページを作り上げました。

すき間の細切れ時間を使いながら、脳を活動させつつ、日常生活も送ってきました。

この行為を活動的だという人も入れば、無駄な時間と揶揄する人もいるでしょう。

いろんな意見を受け入れます。答えは1つではないので。

ただ、少なくとも、私は、柏谷さんの笑顔伝道師の夢を叶える為に、少しでも役立ちたいという思いに偽りや嘘はありません。

こういうドリームサポーター的な生き方が、私のライフワークになっていくのでしょう。人の背中を押して、周りの人を惹き付けていく、その行為を愚直に繰り返しながら、巻き込む力を高める。

いつか、大きなムーブメントになると信じています。

そこまでは、小さな貢献の積み重ねの結果に過ぎませんが。

【サードプレイス・ラボ】
第6回 研究会「夢を叶える為の笑顔力」
日時 6月29日(木)19時〜21時
場所 ルノアール新橋汐留口駅(貸し会議室)
参加費 5,000円(ワンドリンク付き)
▼詳細は下記Facebookイベントページをご確認ください。
https://www.facebook.com/events/296961204094999/

「サードプレイス・ラボ」
第1回研究会の様子

ご参加お待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。