最年少プロ棋士の藤井聡太四段は、いくら稼いでいるのか?

シェアする

同級生とどんな会話をしているのだろう

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段は、公式戦28連勝。まだ、義務教育期間中の14歳の中学生。(出席日数は足らないかと、平日の対局があるので)

まず、プロ棋士になるには、将棋のプロ育成機関の奨励会に入会し、四段まで昇段することが必須条件とされています。

【奨励会の受験資格】
・満19歳以下
・プロ棋士から受験の推薦をもらうこと
・プロ棋士の弟子になること

大半が小学生から奨励会へ入会し、4段を取りプロ棋士というステップを踏むようですが、棋士になれるのは半年で2名程度。

かなり狭き門です。

気になる年収は、最低でも800万~1000万となるそうです。

今の藤井四段の対局料が、1局あたり、3〜10万円。

プロ棋士は、勝利を積み重ねていくと、収入が増える仕組みのため、来年には、年収1000万は確実らしい。

若くして才能が開花したプロ棋士には、安定した生活が可能。

公式戦やタイトル戦が主な収入になるらしい。

対局料:名人は1,050万円、挑戦者は450万円(名人戦)
賞金:勝者は1,200万円、敗者は300万円(名人戦)

こんなにもらえるのか。

これらの源泉は、「棋戦」を主催している新聞社などからの契約金。(スポンサー料)

将棋界には「竜王」「名人」「棋聖」「王位」「王座」「棋王」「王将」という7大タイトルが。「朝日オープン戦」「NHK杯」「日本シリーズ」「新人王戦」「銀河戦」「ネット将棋最強戦」という公式戦。

詳しい方以外には、全く見えない世界です。

誰もが強い棋士ではないため、関連収入で生活しているプロ棋士が9割。

将棋教室:10万円前後(月収)
将棋の指導:1回に2~3万円(イベント)

プロゴルファーの世界と似ているのかもしれません。

気になるのは、今後、大手スポンサーが撤退したり、賞金総額を抑制したら…。

根強いファンに支えられているので大丈夫なんでしょう。

プロ棋士にとって、将棋は仕事。

藤井聡太四段のサードプレイスはあるのだろうか??