第6回 サードプレイス・ラボ 「夢を叶える笑顔力」 みんなの笑顔は最高!

シェアする

実は、私は、今年3回目の笑顔セミナー参加でした!

私は、「笑顔セミナー」の存在を去年までは全く知りませんでした。

もちろん、笑顔って効果的なのは理解しています。

最近でいえば、スポーツ選手が緊張しそうな場面で、意図的にニコニコと笑っています。

不自然なまでの笑顔に最初は違和感がありましたが、すっかり見慣れました。

この笑顔を見せるスポーツ選手たちは、パフーマンスへの影響も理解した上で、実践しているという事実を知ったときは、驚きました。

柏谷早智子さんの「笑顔セミナー」では、2014年の高校野球石川県大会決勝の話を取り上げます。

夏の全国高校野球プレイヤー権石川大会の決勝戦で、星稜が驚異の粘りを見せて大逆転劇を演じた。0-8で迎えた9回裏、一挙9点を奪って小松大谷にサヨナラ勝ち。2年連続17回目の夏の甲子園出場をつかんだ。今年のチームの合言葉「必笑(ひっしょう)」が生んだ反撃だった。 9回表、再登板したエース岩下大輝(だいき)君(3年)が相手を三者三振。笑顔でベンチに引き揚げてきた岩下君を見て、林和成監督(39)は思った。「笑おう」 「笑えば前向きになれる」「自分たちの野球ができる」。昨冬、みんなで考えた合言葉が「必勝」をもじった「必笑」だった。(朝日新聞デジタル 2017年7月28日)

セミナー時に言葉だけではなく、動画として見せてもらえます。

厳しい練習と高い目標を掲げる彼らが、「必勝
」ではなく「必笑」をスローガンにしていたのが、この奇跡を生み出した原動力なのだとわかりました。

笑顔は、「心」「技」「体」

笑顔は、スポーツ選手のパフオーマンスだけに影響するわけではありません。

身体に対して、笑顔により、免疫アップ・ストレス軽減できるという医学データも出ています。

笑顔の結果、免疫を司るNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化します。
NK細胞は、体中を駆け巡り、最前線で戦う、体内パトロール隊としての役割があります。
私たちの身体の中で、1日4000−5000個新たに誕生するがん細胞(ミスコピー)を倒してくれています。

また、笑顔は、現代人の体調不良に関わる、自律神経の働きを整える効果もあります。

笑顔の力は侮れません。

さらに、笑顔は、好感度アップ・人間関係が良くなるポイントです。

そして、参加者は、笑顔のトレーニングを実施しました。

笑顔って、筋肉使うんですよ!!

真顔、笑顔、真顔、笑顔の繰り返しで、最後は顔の筋肉がピクピクしてきました。

「夢を叶えるための笑顔力」徳本昌大

柏谷さんの笑顔セミナーをうけて、徳本昌大さんの「夢を叶えるための笑顔力」のパートに繋がりました。

書評・習慣ブログをたくさん書いてきた徳本さんが、今までのブログを取り上げながら、海外の著名人の言葉、考え方を展開してもらえています。

「笑顔でいると、ドパーミンのおかげでハッピーになれる!」

他、海外の著名な方の言葉などから、笑顔の効果の話を取り上げていただけました。

「笑顔な人はポジティブになれる」

「笑顔は人への貢献!」

メッセージのフレーズの強さは徳本さんの素晴らしさです。

夢を叶えるために、日々

徳本昌大さんの笑顔に関するブログ記事(一部)

◆ 笑顔を毎日の習慣にしよう!

◆ 薬を飲むか?笑顔になるか?デュシェンヌスマイルで幸せになろう!

◆ 楽しい気分にさせる笑顔の魔法を習慣化しよう!

ラストは、参加者の笑顔に関するフリートークに。

笑顔って、学ぼうと思わなくても、自然にできると誰もが思いがち。

今回の会場は、ルノアール喫茶室の貸会議室(マイスペース)。

深々としたイスは座りごこちは喫茶店そのもので、静かな個室という点も良かったです。

当然ながら、一杯ドリンクも(料金込みですが)あって、快適。

残念なのは、カラオケボックス方式で、ドリンクをお客さんが配らなければいけない環境とエアコンが効きすぎる部屋。

全体的なサービス提供の物足りなさ。
支払い手続きを当日別フロアに向かうのも、運営者としてバタバタするので、少し困りました。

会議室100%だと仕事の雰囲気が消えないので、ムードを変えたいという、私の願望は叶いました。

最後は、全員で笑顔満面の撮影に。

懇親会も楽しく過ごせて、満足感の高いものになりました。

反省点としては、もう一度、私の考える「サードプレイス」への思い・ビジョンを強く伝えきれてないことかもしれません。