あなたの「時間泥棒」は何だと思いますか?

シェアする

2017年も折り返し 今、何を考えますか?私は「時間」です。

2017年も折り返しました。前半はいかがでしたか?
自分の掲げた目標を達成したり、夢に近づきましたか?それとも、挫折してますか?

事情や状況に差があるとはいえ、成功の道を進んでいる人と苦難の道で迷ってる人の差はどこから生まれたのでしょう。

お金、健康、人間関係、家族、仕事…。
個人によって比重も異なります。

たった1つだけ誰もに共通していたものがあります。

それは「時間」です。

183日(元旦から7/2までの日数)×24時間=4,392時間

この時間をどのように使えたでしょうか。

毎日8時間を睡眠に使っていたとします。

残りは1日16時間

183×16=2,928時間

およそ3,000時間。

仕事や学業など本業に6割ほど時間を使うと

2928×60%=1.756時間48分

ここに、食事、掃除、入浴などの生活時間、家族・恋人との時間、趣味、余暇時間に振り分けるとしましょう。

2928-1756.8=1171.2時間

単位が大きすぎて分かりにくいので、1日単位に戻してみます。

1171.2÷183=6.4時間

もちろん、生活時間や家族時間が半分以上を占めるのは当然です。

ここまで考えてみても、1日3時間の自分の裁量がいかせるはずなのです。

それなのに、日々、時間が足りないと感じていませんか?

時間泥棒は何か?どう防げるのか?

本や名言などで流行に関係なく、誰もが気になるテーマに「時間術」や「時間管理」があります。

誰もが自分の時間を有効に使いたいけれども、使えていないという思いが共有されているのが背景にあるのでしょう。

先ほどの試算を見ても、1日あたり3時間程度の自分の裁量が持てる時間があるはずなのです。

でも、時間不足感は根強い。この矛盾の原因を知りたいと思いませんか。

ここで、有効なのが自分のライフログを時間としてチェックする方法です。

朝起きて、就寝するまで、何時に何をしているのか。
1日単位(デイリー)で把握してみます。

トイレなどの細かい時間まで追うと、きりがありませんが、極力、自分の1日の過ごし方が見えるようになってきます。

すると、謎の空白時間があったり、何をしていたか定かではない時間が生まれてきます。

この時は何をしていたのでしょうか。

・疲れてぼーっとしていた。
・SNSの投稿を眺めていた。
・何も考えずに、テレビを見ていた。

この空白時間は、おそらく当初からスケジュールには組み込まれていないでしょう。

無計画な時間、ふとした隙間時間を積み重ねると、1日数時間のロスが生まれてくるのです。

100%手を抜かず、がっちりとした予定表を組み込めば良いのではありません。

当然、疲れを取るための時間も必要です。ポイントは無計画な時間の過ごし方として余白をもってしまうと、人は、流されるように時間を過ごしがちなのです。

時間泥棒は、この空白時間に何をするか、リストアップしていないことではないでしょうか。

例えば、電車が遅延して、待ち時間が読めない場合、何をしますか?

ぼーっとスマホでゲームをやって過ごす。
イライラしながら遅延がおさまるのを待つ。

人それぞれですが、この時間であれば、これをやるというリストがあれば話は変わってきます。

自分がやりたいけど、なかなか手をつけられていないこと。

3分、5分、10分、15分、30分単位で、対応できることをリスト化しておく。

このリスト化に暇つぶしなだけのアクションでは意味がありません。

もし、ささいな時間泥棒を1日3時間あるとして、今年の残り期間 182日(365‐183)として計算すると、546時間になり、22日分に想定されます。

22日とすると、平日1ヶ月分の時間が生まれるという不思議なからくりが生まれてきます。

私も学んできた時間術について、このブログで記事を増やしていこうと考えています。

私自身の目指すサードプレイスを実現するには、個人の時間をどう確保して、マネージメントするのかは避けて通れない課題だからです。

このテーマは、多くの方にとっても役立つものと信じています。

時間術、時間管理で気になることがあれば、是非、コメントをください。

一緒に考えていきましょう!

サードプレイス メルマガ を読んでみませんか?!

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス メルマガは、

“毎日90秒でワクワクな人生をつくる。” 徳本昌大

「7つの片付け習慣術」〜人生を整え 夢を叶えるための片付け〜『片付けパパ』大村信夫

【サードプレス】ブログ 〜夢を叶えてワクワクな人生を!〜 安斎輝夫

の3人で共同執筆する週間メルマガです。

役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!

■なぜ、メルマガを始めたのか?

3人の大人たちが本気で人に伝えたいメッセージを集めることで、夢を叶えるために人を変えることができるはず!という信念を持って、一緒に取り組むことを決めました。

3人とも本業として働く身でありながら、情報発信としてブログ更新を続け、イベントやワークショップ開催し、日々、人と出会いながら交流を深めています。

それぞれが別のテーマや手法、フィールドや考え方は持っていますが、基本として、楽しい人生を歩み、自分の夢を叶えながら、世の中、人に貢献するというスタンスは共通しています。

そこで、1+1+1=∞(無限大)の力を発揮しよう!と決めました。

それぞれは、メルマガ発行は初めてなので不安がないわけではありません。しかし、一歩前に踏み出す勇気と行動を示すことが、あなたの背中を押すことに繋がって、応援していけるに違いないと決めました。

決めたらやりきる!が3人の共通の考え方です。

そして、サードプレイス メルマガ が誕生しました。

■おすすめポイント

  • 翻訳本を中心とした切り口のユニークな書評!
  • 「7つの片付け習慣術」で夢を叶える方法を伝授
  • あなたの夢実現にヒントと勇気を与えるインタビュー記事!

■メルマガは5つの軸で構成されてます!

メルマガの目次構成は以下のようになっています。

1.サードプレイス_書評_

2.[7つの片付け習慣術]

3.<夢インタビュー>

4.イベント情報

5.読者への募集コーナー

6.★編集後記★

それぞれにボリュームもあるコンテンツが盛り込まれています。

翻訳本は書店で並んでいても、分厚い一冊を読むのは本当に大変。せめて、エッセンスだけでも知りたいという思いがあれば、徳本さんの書評は面白いので、本当にオススメです。
徳本さん自身、「Mac Fan」で書評連載を書かれているプロフェッショナルなのです!

片付けブームを整理整頓だけの領域に収まらず、人生全般の広いテーマでも片付けることをテーマに掲げて活動をする大村さんのコラムも、親近感が湧きつつ、今までの幅広い知識と経験が積み重なっているので、読者から人気のコンテンツです。

私は、夢を叶えようとしている人、叶えた人のインタビューコーナーを担当しています。人生を掘り下げて聞き出しながら、夢をキーワードにしています。今後、著名人の方のインタビューも計画中です。実は、人気No.1のコーナーです。

各自が展開するイベントの情報の告知に留まらず、読者とのコミュニケーションも図ろうとしている姿勢を持っています。メルマガの一方向なイメージを払拭させていますので、是非、参加型メルマガを楽しんでください。

まずは、初月無料なので、お試しで読んでみてください。もし、つまらない、自分に合わないということであれば、解約していただいて構いません。

サードプレイス メルマガ

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。