なぜ、横浜中華街で「焼き小籠包」ブームは定着したのか?

シェアする

数年振りに横浜中華街に行って驚いた、豚まんブームは終わってる?!今は、焼き小籠包!

日本人が楽しめる観光地というのは全国各地にありますが、首都圏の方には、横浜中華街ほどワクワクさせる環境はないのではないでしょうか?

数年振りに訪れて気がついたことが2点ほどあります。

・中華料理コース食べ放題系の店が増えた
・焼き小籠包と台湾シルクアイス(夏だから?)が大ブレイク中

特に「焼き小籠包」を扱う店には行列で並んでいます。(もちろん、台湾シルクアイスも暑い季節だけに大渋滞)

そこまで、大ブレイク中ならば、小籠包専門店 横浜中華街 王府井(わんふーちん)に足を運ぶしかないと決めて、本店を足を運びました。

小籠包と言えば、蒸しているものというのが、固定したイメージ。中華料理コースの定番には、蒸した小籠包は欠かせない。

でも、考えてみたら、餃子だって、焼き餃子、水餃子、蒸し餃子と調理形態があるのだから、小籠包だって、焼いても構わないのかもしれない。

小籠包の特長を調べてみる。

直径3cm程度なので、シュウマイに近いサイズ。川は小麦粉を発酵させて、よくこねたものを薄く伸ばして広げて作る。特徴は、スープ。肉皮凍という煮こごり(ゼラチン)を入れること。このゼラチンが高温の中で解けて、肉汁スープとなり、ジューシーな味わいを生む。

確かに、できたての小籠包は、火傷しそうに暑いのは、あの肉汁スープがポイント。

ミックス生煎包(正宗、ヒスイ、フカヒレの三種6個入) 850円を買って、食べてみました。

熱い焼き小籠包は、火傷しないために、まずは、箸などで穴をあけます。中から熱い肉汁の湯気を感じて、冷ましながら、スープも含めて頂きます。

焼き小籠包の特徴は、当然焼いたことによる皮の感触。鉄板側にあった部分はカリっと固くなっていました。

とにかく、熱い!しかも、夏場で食べ歩きですから、暑い。日陰に隠れて食べてみます。

以前の豚まんブームと違うのは、足を止めて食べる必要があることでしょう。とても、気軽に歩きながら、食べれる代物ではありません。

美味しかったし、本場感やワクワク感を得られました。

ただ、普通にお店で蒸した小籠包に慣れているだけに、落ち着いた気分で食べたいならば、焼き小籠包は選ばないかもしれません。屋台的な感覚ならば、最高です。

ここで気がついたことは、定番のものであっても、ちょっとしたアイデアを組み合わせてアレンジすることで、大ブレイクを起こす可能性がある事実。また、真似をされることで、さらにブームは加速していくという姿。(偽物や飽きられるという可能性も捨てきれませんが)

なぜ、横浜中華街で「焼き小籠包」ブームは定着したのか?

気軽に食べれるフードで、珍しいものに日本人は飛びつきます。また、テレビで取り上げらることにより、頭の片隅の記憶に残ると、どうしても、一度は食べてみたくなる。そして、行列には素直に並んでみたくなる国民性。もちろん、ブームの裏側では仕掛人がいるのは間違いありませんが。

横浜中華街ではなく、本場で食べたら、焼き小籠包ってどうなのでしょうか。

ふと、そんな気持ちにもなれました。

横浜中華街 小籠包専門店 王府井(わんふーちん):http://www.wangfujing.co.jp

★焼き小籠包を自宅で食べるなら★

   

サードプレイス メルマガ を読んでみませんか?!

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス メルマガは、

“毎日90秒でワクワクな人生をつくる。” 徳本昌大

「7つの片付け習慣術」〜人生を整え 夢を叶えるための片付け〜『片付けパパ』大村信夫

【サードプレス】ブログ 〜夢を叶えてワクワクな人生を!〜 安斎輝夫

の3人で共同執筆する週間メルマガです。

役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!

■なぜ、メルマガを始めたのか?

3人の大人たちが本気で人に伝えたいメッセージを集めることで、夢を叶えるために人を変えることができるはず!という信念を持って、一緒に取り組むことを決めました。

3人とも本業として働く身でありながら、情報発信としてブログ更新を続け、イベントやワークショップ開催し、日々、人と出会いながら交流を深めています。

それぞれが別のテーマや手法、フィールドや考え方は持っていますが、基本として、楽しい人生を歩み、自分の夢を叶えながら、世の中、人に貢献するというスタンスは共通しています。

そこで、1+1+1=∞(無限大)の力を発揮しよう!と決めました。

それぞれは、メルマガ発行は初めてなので不安がないわけではありません。しかし、一歩前に踏み出す勇気と行動を示すことが、あなたの背中を押すことに繋がって、応援していけるに違いないと決めました。

決めたらやりきる!が3人の共通の考え方です。

そして、サードプレイス メルマガ が誕生しました。

■おすすめポイント

  • 翻訳本を中心とした切り口のユニークな書評!
  • 「7つの片付け習慣術」で夢を叶える方法を伝授
  • あなたの夢実現にヒントと勇気を与えるインタビュー記事!

■メルマガは5つの軸で構成されてます!

メルマガの目次構成は以下のようになっています。

1.サードプレイス_書評_

2.[7つの片付け習慣術]

3.<夢インタビュー>

4.イベント情報

5.読者への募集コーナー

6.★編集後記★

それぞれにボリュームもあるコンテンツが盛り込まれています。

翻訳本は書店で並んでいても、分厚い一冊を読むのは本当に大変。せめて、エッセンスだけでも知りたいという思いがあれば、徳本さんの書評は面白いので、本当にオススメです。
徳本さん自身、「Mac Fan」で書評連載を書かれているプロフェッショナルなのです!

片付けブームを整理整頓だけの領域に収まらず、人生全般の広いテーマでも片付けることをテーマに掲げて活動をする大村さんのコラムも、親近感が湧きつつ、今までの幅広い知識と経験が積み重なっているので、読者から人気のコンテンツです。

私は、夢を叶えようとしている人、叶えた人のインタビューコーナーを担当しています。人生を掘り下げて聞き出しながら、夢をキーワードにしています。今後、著名人の方のインタビューも計画中です。実は、人気No.1のコーナーです。

各自が展開するイベントの情報の告知に留まらず、読者とのコミュニケーションも図ろうとしている姿勢を持っています。メルマガの一方向なイメージを払拭させていますので、是非、参加型メルマガを楽しんでください。

まずは、初月無料なので、お試しで読んでみてください。もし、つまらない、自分に合わないということであれば、解約していただいて構いません。

サードプレイス メルマガ

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。