情報は検索や整理よりも捨てることが大事!教科書もムダがいっぱい

シェアする

お世話になっている、理央周さんの新刊『8割捨てる!情報術』

2016年は私の人生の転換点。厄年あたりであっても、人生は変わるものです。

マーケティング・アイズ代表取締役、関西学院大学経営戦略研究家准教授。この肩書きを見るだけで、大変優秀な方で、敷居が高そうなイメージがあります。さらに、今までの経歴も有名外資系企業でマーケティング畑を歩いてこられてだけに、実績も素晴らしい。

ところが、話をしてみると、気さくでフレンドリーな印象が残るのが理央周さんです。

2016年のドラッカー勉強会で色々と学ばせて頂き、漠然と単語だけ知っていただけの4P、4Cなどが実体験としてリアルに感じて、理解が促進できたのは、理央さんのおかげです。私の中の眠っていた、マーケティング思考が蘇ったような気がします。(たいしたものではありませんが)

理央さんが新刊『8割捨てる! 情報術』を上梓される前段階から情報を頂いていたので、読み始める時点でワクワク感しかありませんでした。

情報を捨てる!のか、忘れるのか?!

以前であれば、情報は紙媒体としてストックしていました。あまりにも、情報が錯綜しすぎてしまい、大ベストセラーになった、野口 悠紀雄『「超」整理法―情報検索と発想の新システム 』 の方法を取り入れてみた大学生でした。

その後、情報はデータ化されて、パソコンに、インターネットで自由に検索し、クラウドに保存できる環境が整うという時代の流れを体感してきました。

結局、必要な時に必要な情報を得られるのか、活用できるのか、という点が重要なのです。

ところが、保存先フオルだやふあいる名を忘れたり、バックアップを取り忘れたりすると、情報は消えてしまいます。もちろん、どこかにコピーの形で残しておけば、いくらでも手に入る時代です。

そのうち、私は考え方を変えてきました。情報は必要な時に集めよう。たとえ、忘れたとしても何とかなる。この楽天的な考え方は、周りに呆れられます。結果として、人の顔と名前などまで忘れるという大事件を起こすので、オススメは致しません。

ただ、忘れるというのはリスクが高いもので、本当に必要な時に情報がなければ何もできません。情報量が莫大になり過ぎているので、もはやストックや整理ができないから、忘れざるえないのが私のスタイル。普通の感覚ならば、なんとか情報を溜めておき、活用したいと考えると、情報の山に埋もれていきます。

そこで、理央周さんは、情報の本質を理解したうえで、情報を「捨てる」という行為を提唱しています。

情報整理の3ステップ&教科書も8割無駄!

1.仕分ける
2.捨てる
3.整理整頓

理央さんの情報整理の3ステップはシンプルです。まず、情報を仕分けて、不要なものを捨てていき、整理整頓するというもの。お片づけの極意と情報術がイコールであるという話は、あっさりと納得できます。

アウトプットを逆算してインプットする

この一言が、まず私の脳にはビリビリと刺激になりました。

誰もが何かを学ぼう、人脈を広げよう、新しいノウハウを得ようとインプットすることに意識が偏っています。私も、以前は、インプット至上主義者そのものでした。とにかく、知らない者を知るために、より多くの、多彩な分野のことを、今までよりも深く知ろうと欲求のため、とにかくインプットを目指していました。容量がそれほどない、普通の脳である、私には限界が訪れます。いつのまにか、以前、インプットしたはずの情報を忘れています。

インプット病になると、キリがありません。では、何のために、インプットしているのでしょうか。脳トレが目的ならば、より多くの情報を叩き込むことが求められます。

本来は、インプットしたものをアウトプットしてこそ価値が生まれるのです。

ゴールは、アウトプットであるという自明の理に戻って、インプットすると、必要・不要な情報を仕分けることができます。残った情報を整理整頓しておけば、必要な時に活用することができるのです。

理央さんは、32歳で妻子を連れて、アメリカへMBA取得のために留学されています。不退転な決意を持って、ハードに勉強したものの、当初は評価されないで苦しんでいた日々。とにかく、授業に向けて大量に教科書や資料を読み込むために、徹夜で勉強をされる真面目な方です。苦しい状況を打破するために、教科書を必要な部分を見定めて、理解を広げて、授業で発言をする機会を増やされたそうです。

だからこそ、ビジネススクールでも教科書にはムダが多いと言いきれるのです。

もちろん、義務教育中の子供たちには、教えられない秘密の話です。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

<告知>
サードプレイス・ラボ 
特別連続企画「フレームワークで学ぶマーケティング研究会」第4回
講師:理央周さん
テーマ:マーケティングに必要な情報と分析
フレームワーク:PEST、SWOTと3C分析とそれぞれの関係
日程:2017年8月24日(木)19時〜
会場:東京都千代田区神田和泉町1番地12-15 O・Sビル4階
受講料:5,000円(当日、会場にて現金払い)

<今回の特典>
理央さんの最新刊『8割捨てる! 情報術』を持参いただければ、当日サインを頂けます!!

詳細内容の確認、及び、申込は下記Facebookページをご確認くださいhttps://www.facebook.com/events/1888549638087856/

サードプレイス メルマガ を読んでみませんか?!

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス メルマガは、

“毎日90秒でワクワクな人生をつくる。” 徳本昌大

「7つの片付け習慣術」〜人生を整え 夢を叶えるための片付け〜『片付けパパ』大村信夫

【サードプレス】ブログ 〜夢を叶えてワクワクな人生を!〜 安斎輝夫

の3人で共同執筆する週間メルマガです。

役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!

■なぜ、メルマガを始めたのか?

3人の大人たちが本気で人に伝えたいメッセージを集めることで、夢を叶えるために人を変えることができるはず!という信念を持って、一緒に取り組むことを決めました。

3人とも本業として働く身でありながら、情報発信としてブログ更新を続け、イベントやワークショップ開催し、日々、人と出会いながら交流を深めています。

それぞれが別のテーマや手法、フィールドや考え方は持っていますが、基本として、楽しい人生を歩み、自分の夢を叶えながら、世の中、人に貢献するというスタンスは共通しています。

そこで、1+1+1=∞(無限大)の力を発揮しよう!と決めました。

それぞれは、メルマガ発行は初めてなので不安がないわけではありません。しかし、一歩前に踏み出す勇気と行動を示すことが、あなたの背中を押すことに繋がって、応援していけるに違いないと決めました。

決めたらやりきる!が3人の共通の考え方です。

そして、サードプレイス メルマガ が誕生しました。

■おすすめポイント

  • 翻訳本を中心とした切り口のユニークな書評!
  • 「7つの片付け習慣術」で夢を叶える方法を伝授
  • あなたの夢実現にヒントと勇気を与えるインタビュー記事!

■メルマガは5つの軸で構成されてます!

メルマガの目次構成は以下のようになっています。

1.サードプレイス_書評_

2.[7つの片付け習慣術]

3.<夢インタビュー>

4.イベント情報

5.読者への募集コーナー

6.★編集後記★

それぞれにボリュームもあるコンテンツが盛り込まれています。

翻訳本は書店で並んでいても、分厚い一冊を読むのは本当に大変。せめて、エッセンスだけでも知りたいという思いがあれば、徳本さんの書評は面白いので、本当にオススメです。
徳本さん自身、「Mac Fan」で書評連載を書かれているプロフェッショナルなのです!

片付けブームを整理整頓だけの領域に収まらず、人生全般の広いテーマでも片付けることをテーマに掲げて活動をする大村さんのコラムも、親近感が湧きつつ、今までの幅広い知識と経験が積み重なっているので、読者から人気のコンテンツです。

私は、夢を叶えようとしている人、叶えた人のインタビューコーナーを担当しています。人生を掘り下げて聞き出しながら、夢をキーワードにしています。今後、著名人の方のインタビューも計画中です。実は、人気No.1のコーナーです。

各自が展開するイベントの情報の告知に留まらず、読者とのコミュニケーションも図ろうとしている姿勢を持っています。メルマガの一方向なイメージを払拭させていますので、是非、参加型メルマガを楽しんでください。

まずは、初月無料なので、お試しで読んでみてください。もし、つまらない、自分に合わないということであれば、解約していただいて構いません。

サードプレイス メルマガ

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。