【映画】関ヶ原 〜天下分け目の合戦のスケール感〜

シェアする

構想25年! なぜ、今、関ヶ原なのか?!

戦国時代の中で、関ヶ原の戦いと言えば、天下分け目の合戦と言われています。国内の武将たちが、石田三成の西軍、徳川家康の東軍に分かれて激突。わずか6時間で雌雄を決した国内最大の内乱的な戦い。

司馬遼太郎の原作を元に作られた「関ヶ原」を見てきました。

石田三成を演じる岡田准一は適役。徳川家康に役所広司。現代でベストの俳優陣を使っての最高のスケール感。

利害なのか、正義なのか。何を目指して両雄が激突することになったのか。

歴史好きには溜まらないストーリーに間違いありません。

累計部数580万部超!司馬遼太郎『関ヶ原』が完全映画化!日本映画界屈指の監督・キャストで描く空前絶後の戦国エンタテインメント超大作!

石田三成の正義は通用しなかった?

関ヶ原の戦いは、やはり、徳川家康がシナリオを描いたと、私は考えています。家康が天下を取るために、三成を相手に選んだというセリフに惹かれました。

もし、関ヶ原で三成が勝ったなら、どんな時代を作り上げたのだろう。しばらく考えてみて、私には、まったく想像ができないです。脳が徳川史観に埋められているのかもしれない。
江戸が首都ではなく、大阪が中心地のままだったのだろうか。

正義を求めた戦いの先の未来が見えていれば、もう少し、仲間を増やせたのかもしれない。家康が正義ではない(いわゆる嫌い、憎い)では、求心力が弱かったのではないだろうか。

三成には、知恵溢れる優秀な官僚でありながらも、不器用なほど、純粋でまっすぐな思いを感じる。一方で、人に好かれる印象はとても薄い。結局、関ヶ原で負けたのは、周りから好かれる人物ではなかったことに尽きる。もし、彼が、誰かの下でNo.2の実務者として戦を仕切っていたら、関ヶ原の戦いは結末は変わっている可能性がある。

結局、三成が大将の器なのか、どうなのかという話なのだろう。

見事なまでに家康の術中にはまり、豊臣派が分裂していく戦い。

関ヶ原の6時間の戦いに向けた、お互いが事前準備の差が結果に繋がっている。

この映画の中で役所広司が演じる家康が、ドロドロした人間臭さを感じるのは、この事前準備を着々と施し続けていた点に尽きる。金銭の利益面だけでなく、心情面にも入り込み、見事に相手を懐柔して仲間を増やしていく。

やはり、三成が勝つためには、何かが足りなかったというのが私の結論です。

まとめ

映画全般を通して、戦闘シーンと人間同士のふれ合いが丁寧に描かれており、映像も迫力があって素晴らしいものでした。

ただ、この映画が史実の全てだと考えてしまうと誤解を与えるでしょう。(司馬史観の怖さ)

相手に負けたくないのは、武将たちだけでなく、一兵卒も同じ思いを抱いていたはず。できれば勝てそうな多数のほうに、加担したくなる。

何のために戦い、どこにゴールを置くのか。
見据える未来のビジョンを踏まえて、その過程として、関ヶ原の戦いを捉えると、お互いの違い、登場人物たちの思考が少しだけ理解できてきます。

私たちも、目の前の事象に縛られることなく、自分の目指すゴールから逆算して物事を考えることが重要だと思います。

サードプレイス メルマガ を読んでみませんか?!

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス メルマガは、

“毎日90秒でワクワクな人生をつくる。” 徳本昌大

「7つの片付け習慣術」〜人生を整え 夢を叶えるための片付け〜『片付けパパ』大村信夫

【サードプレス】ブログ 〜夢を叶えてワクワクな人生を!〜 安斎輝夫

の3人で共同執筆する週間メルマガです。

役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!

■なぜ、メルマガを始めたのか?

3人の大人たちが本気で人に伝えたいメッセージを集めることで、夢を叶えるために人を変えることができるはず!という信念を持って、一緒に取り組むことを決めました。

3人とも本業として働く身でありながら、情報発信としてブログ更新を続け、イベントやワークショップ開催し、日々、人と出会いながら交流を深めています。

それぞれが別のテーマや手法、フィールドや考え方は持っていますが、基本として、楽しい人生を歩み、自分の夢を叶えながら、世の中、人に貢献するというスタンスは共通しています。

そこで、1+1+1=∞(無限大)の力を発揮しよう!と決めました。

それぞれは、メルマガ発行は初めてなので不安がないわけではありません。しかし、一歩前に踏み出す勇気と行動を示すことが、あなたの背中を押すことに繋がって、応援していけるに違いないと決めました。

決めたらやりきる!が3人の共通の考え方です。

そして、サードプレイス メルマガ が誕生しました。

■おすすめポイント

  • 翻訳本を中心とした切り口のユニークな書評!
  • 「7つの片付け習慣術」で夢を叶える方法を伝授
  • あなたの夢実現にヒントと勇気を与えるインタビュー記事!

■メルマガは5つの軸で構成されてます!

メルマガの目次構成は以下のようになっています。

1.サードプレイス_書評_

2.[7つの片付け習慣術]

3.<夢インタビュー>

4.イベント情報

5.読者への募集コーナー

6.★編集後記★

それぞれにボリュームもあるコンテンツが盛り込まれています。

翻訳本は書店で並んでいても、分厚い一冊を読むのは本当に大変。せめて、エッセンスだけでも知りたいという思いがあれば、徳本さんの書評は面白いので、本当にオススメです。
徳本さん自身、「Mac Fan」で書評連載を書かれているプロフェッショナルなのです!

片付けブームを整理整頓だけの領域に収まらず、人生全般の広いテーマでも片付けることをテーマに掲げて活動をする大村さんのコラムも、親近感が湧きつつ、今までの幅広い知識と経験が積み重なっているので、読者から人気のコンテンツです。

私は、夢を叶えようとしている人、叶えた人のインタビューコーナーを担当しています。人生を掘り下げて聞き出しながら、夢をキーワードにしています。今後、著名人の方のインタビューも計画中です。実は、人気No.1のコーナーです。

各自が展開するイベントの情報の告知に留まらず、読者とのコミュニケーションも図ろうとしている姿勢を持っています。メルマガの一方向なイメージを払拭させていますので、是非、参加型メルマガを楽しんでください。

まずは、初月無料なので、お試しで読んでみてください。もし、つまらない、自分に合わないということであれば、解約していただいて構いません。

サードプレイス メルマガ

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。