【レビュー】『聞く力』阿川佐和子

シェアする

今、実力No.1のインタビュアーは阿川佐和子さんのはず!

自分自身が、メルマガのインタビューをやり始めて数ヶ月たったものの、緊張感が薄まっただけで、力量不足に関しては頭を抱えています。

インタビューの上手な人は、世の中にたくさんいるだろうけれども、どうしても、インタビュー相手が注目されるために、インタビュアーとしてモデルになる人は思いつかずにいました。

当然、ビジネスをしていれば、お客様の声を聞くという場面があり、相手のニーズや本音を探るというアクションは怠っていませんでした。
ただ、相手に聞くというゴールが商品やサービスを相手に提供するという点と、聞き出したものをアウトプットするというのは、似てあらざるものだと、すぐに理解できました。

行動は一緒に見えても到達点が違うならば、考え方も変えなければいけない。

もちろん、インタビューをまとめて本にしている、上阪徹さんも素晴らしいですし、ファンなのですが、映像として姿が浮かばないのが難点でした。

私のイメトレに繋がるようなインタビュアーで、自然体でやっている人は誰かいないのか。

雑誌を立ち読みしても、なかなか合致するモデルが見つかりません。

電車の中吊りと世の中へのインパクトを与える記事(賛否両論はあるでしょうが)の「週刊文春」も同様に立ち読みをしつつ、WEBオンライン版にも目を通していました。

この人だ!阿川佐和子さんしかいない!!

このビビッときた感じに、思わず、大きな声を上げてしまうところでした。

特定の分野の人にだけインタビューをしているわけではなく、自然体でありながら、相手に入り込んで、さりげなく聞き出している。彼女の個性なのか、訓練によるものなのか。興味が惹かれてたまらなくなりました。

ここからは、エゴサーチと過去の実績探しの旅になりました。

阿川佐和子さんは、1953年生まれのタレント、エッセイストであり、今までテレビのキャスターや進行担当などをこなしつつ、執筆活動を展開してきました。

週刊文春の「この人に会いたい」は長年続く対談コーナー。
おそらく、阿川さんの魅力が溢れるのは、このインタビューに違いないと感じています。どんな相手とも、見事に話を聞き出せる能力は素晴らしい。

2012年に出版されて100万部ベストセラーになった、阿川佐和子さんの『聞く力―心をひらく35のヒント 』を、読み逃していたことに気がつきました。なんという大失態。


“でも、きっと私のような職業についていない人だって、多かれ少なかれ同じような場面に遭遇することがあるはずです。インタビューというから専門職のように聞こえるかもしれませんが、つまりは質疑応答、もっと日常的な言葉を使えば、「会話」ということですからね。”

阿川さんが、対談の名手、インタビュアーとして評価されていても、彼女自身は、まったく自分が上手でないという謙虚さを持ち続けている様子には驚きました。どんなジャンルの相手とも見事に相対して、意外な話や面白い話を聞き出して、私たちを楽しませてくれる。

ものすごい大発見ではないけれども、映像でも、文章であっても、見事に仕上げてくるのは、彼女の素養、ポテンシャルによるものだと感じます。

どんな風にインタビューを行っているのだろうと疑問を感じます。

「徹子の部屋」で有名な黒柳徹子さんは、事前にゲストについて徹底的に調べぬくそうです。その上で、自分のペースを維持しながら番組を作り上げているように伝わってきます。

その点、阿川さんは、自然体。彼女は、インタビューの仕事をしながら、徐々に、体得していったことがわかります。相手を観察して、意外性を引き出すこと。段取りに縛られすぎないこと。相手の気持ちを推し量るために、自分ならどうするかを考えてみる。

「会話は生もの」という感覚を生かし、脱線しても焦らずに、相手に合わせながら、相づちをうち、相手の目を見る。知ったかぶりはしないし、相手のテンポを大事にする。

読みやすい新書の中に、人の話を聞くコミュニケーションの極意と、インタビュアーとしての技がさりげなくまとめられています。

阿川佐和子さんは人を惹き付ける天才でありながら、相手を光らせる立ち位置をキープできるテクニシャンであるからこそ、彼女の対談は面白いに違いない。

また、彼女自身は、著名人を含めたインタビューを通して自分を磨いてきたので、経験値が輝きに変わり、成長し続けている。

2017年5月に、阿川さんは長年望んでいた「ご結婚」をされました。色々な方とお見合いをし、出会いを繰り返した彼女が、このタイミングで、というのはニュースでした。

いつか、自分が阿川さんにインタビューしてみたい。

それも、自分の夢リストに加えてみました。

   

サードプレイス メルマガ を読んでみませんか?!

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス メルマガは、

“毎日90秒でワクワクな人生をつくる。” 徳本昌大

「7つの片付け習慣術」〜人生を整え 夢を叶えるための片付け〜『片付けパパ』大村信夫

【サードプレス】ブログ 〜夢を叶えてワクワクな人生を!〜 安斎輝夫

の3人で共同執筆する週間メルマガです。

役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!

■なぜ、メルマガを始めたのか?

3人の大人たちが本気で人に伝えたいメッセージを集めることで、夢を叶えるために人を変えることができるはず!という信念を持って、一緒に取り組むことを決めました。

3人とも本業として働く身でありながら、情報発信としてブログ更新を続け、イベントやワークショップ開催し、日々、人と出会いながら交流を深めています。

それぞれが別のテーマや手法、フィールドや考え方は持っていますが、基本として、楽しい人生を歩み、自分の夢を叶えながら、世の中、人に貢献するというスタンスは共通しています。

そこで、1+1+1=∞(無限大)の力を発揮しよう!と決めました。

それぞれは、メルマガ発行は初めてなので不安がないわけではありません。しかし、一歩前に踏み出す勇気と行動を示すことが、あなたの背中を押すことに繋がって、応援していけるに違いないと決めました。

決めたらやりきる!が3人の共通の考え方です。

そして、サードプレイス メルマガ が誕生しました。

■おすすめポイント

  • 翻訳本を中心とした切り口のユニークな書評!
  • 「7つの片付け習慣術」で夢を叶える方法を伝授
  • あなたの夢実現にヒントと勇気を与えるインタビュー記事!

■メルマガは5つの軸で構成されてます!

メルマガの目次構成は以下のようになっています。

1.サードプレイス_書評_

2.[7つの片付け習慣術]

3.<夢インタビュー>

4.イベント情報

5.読者への募集コーナー

6.★編集後記★

それぞれにボリュームもあるコンテンツが盛り込まれています。

翻訳本は書店で並んでいても、分厚い一冊を読むのは本当に大変。せめて、エッセンスだけでも知りたいという思いがあれば、徳本さんの書評は面白いので、本当にオススメです。
徳本さん自身、「Mac Fan」で書評連載を書かれているプロフェッショナルなのです!

片付けブームを整理整頓だけの領域に収まらず、人生全般の広いテーマでも片付けることをテーマに掲げて活動をする大村さんのコラムも、親近感が湧きつつ、今までの幅広い知識と経験が積み重なっているので、読者から人気のコンテンツです。

私は、夢を叶えようとしている人、叶えた人のインタビューコーナーを担当しています。人生を掘り下げて聞き出しながら、夢をキーワードにしています。今後、著名人の方のインタビューも計画中です。実は、人気No.1のコーナーです。

各自が展開するイベントの情報の告知に留まらず、読者とのコミュニケーションも図ろうとしている姿勢を持っています。メルマガの一方向なイメージを払拭させていますので、是非、参加型メルマガを楽しんでください。

まずは、初月無料なので、お試しで読んでみてください。もし、つまらない、自分に合わないということであれば、解約していただいて構いません。

サードプレイス メルマガ

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。