第11回 サードプレイス・ラボ 「年内にやりきることを先延ばしするな!忙しい年末を言い訳にしない!」

シェアする

「先延ばし」「ぶっとんだ目標」「10秒アクション」と行動イノベーションを学ぶ

2017年11月14日(火)に第11回 サードプレイス・ラボを開催しました。

今回のテーマは、「年内にやりきることを先延ばしするな!忙しい年末を言い訳にしない!」メイン講師は、目標実現の専門家、エグゼクティブコーチ、作家としても活躍される大平 信孝さんでした。

11刷もされているベストセラー本『先延ばしは1冊のノートでなくなる』をベースに皆さんと学ぶ貴重な機会でした。

大平さんのプロフィールとして、なぜ、コーチとして活躍するようになったのか、という話からスタート。

奥様の「軸なし」発言にショックを受けて、目覚めた大平さん。

1年間、「最新脳科学」と「アドラー心理学」など多方面に学びを進めて、独自の目標実現方法として、「行動イノベーション」を生み出されました。

サラリーマンを続けながら、1日5-6セッションもこなすほどの人気のコーチとなり、独立。

「ぶっとんだ目標」を作ろうという話から本格的にスタートしていきました。

夢や大きな目標を作ろうという主旨の本、セミナー、コンサル・コーチの方は多いですが、普通の人間であれば、現実感とのギャップを感じて、その先に進めない展開が多いのではないでしょうか。

この部分をリアルとのバランスを踏まつつ、「ぶっとんだ目標」を作ろうというアドバイス。

大平さんの場合、今回の著書『先延ばしは1冊のノートでなくなる』を翻訳して海外に展開していき、アメリカでセミナー巡業をしたいというものでした。

この夢は、韓国、中国などアジアでの翻訳出版として、展開がスタートされることが決定。

既に、キーになる本がある以上、その先に、どんなゴールを求めるのか、簡単にできないことでも、非現実的過ぎでないレベルで、ぶっとんだ目標を作る。

この夢や目標を紙に書いておくことで、顕在意識だけでなく、潜在意識にまで刷り込みます。

ただ、「ぶっとんだ目標」が素敵であればあるほど、現実との差の中で、やりたいことや兼ねたいことは、先延ばしにされがちです。緊急なことを優先にする毎日をおくれば、当然、重要なことは後回しになります。もしくは、重要であっても気乗りのしない、面倒なことは今やらず、明日以降にスライドさせてしまうもの。

例えば、この時期、年末調整なども、やらなければいけない事務処理でありながらも、各保険会社などの書類を集めて記載していくのは、手間がかかり、締切ギリギリまで先延ばしにしてしまうことはありませんか?
準備ができていれば、すぐに取り掛かれば、数分~1時間以内に解決することなのですが。

では、夢を実現させるためには、日々、何をすればいいのか、という点に着目点が移り、「10秒イノベーション」の話に移ります。

10秒で出来ることって、ほんとにささいなこと。
本を読むために、手に本を取って開く、だけで10秒になります。
ウォーキングやランニングを始めるために、玄関でランニングシューズを履くというだけでも10秒。

この10秒を行うと、自然と先のアクションに移ります。

自分をドライブさせるエンジンとしての10秒アクションを毎日続けていくだけで、人生は大きく変化していくという理論と方法論です。

この「ぶっとんだ目標」と「10秒アクション」をするために、行動イノベーションノートというものを大平さんが提案してくれます。

シンプルなノートを4カテゴリーに分けます。

1.昨日一日で、嬉しかったこと・感謝したいこと・良かったことを書く
2.改めてどう感じたかを書く
3.今日1日、本当はどうしたいかを書く
4.10秒アクションを書く

これを毎日続けていくことを提唱されています。

実際にやってみると、これは簡単。

「どうしても忙しくて、一日忘れたとしても、翌日にやればいいだけです。大事なことは辞めないことです。」

大平さんの表情を見ながら、こんな言葉をかけられると本気で頑張ってみようと思えます。

参加された皆さんも、私も、行動イノベーションノートを始めようと決めて、ワクワク楽しみながら、サードプレイス・ラボは終わりました。

今回の反省は、もっと多くの方を集めたかったという思いと、運営準備が足りていない部分があった点に尽きます。私が、大平さんと積極的に絡まないといけなかった、という気持ちを抱きつつ、懇親会に移りました。

イベント・セミナー後の懇親会が楽しいという話は本当!

会場は近くのお店、小割烹おはし あきはばらりびんぐ で少人数でスタート。

私チョイスのお店は、どちらかといえば、こてこてのサラリーマン仕様のお店が多いのですが、今回は、あえてオシャレな夜景も見れる、素敵なお店をチョイスしました。

プロが作る家庭料理の店というとおり、1品、1品が優しい味でした。

さきほどのセミナー講師と受講生という関係とは変わり、食事とお酒でお互いの話が深堀できます。個人の悩みであったり、つまづき、それを解決するヒントが自由に交流できる場。

大平さんも、面白いフレーズがあれば、逐次メモを取られます。この貪欲さこそが、大平さんの蓄積される知恵に繋がるのだと、隣で見ていて驚きました。
(いまどき、新入社員がメモを取っている姿を見る機会が減りましたので)

ひとり一人の話が展開できて、本当の意味で「ぶっとんだ目標」と「10秒アクション」の誕生秘話のオフレコ部分的な話も聞けました。

以前、私は、この手の懇親会まで参加するのは時間の無駄なのではないかと思っていました。
本来のメインは、イベント・セミナー・講演であって、その先の懇親会は、ただの食事会でお金と時間の無駄にすぎないと。

ただ、色々な方から「この後半戦の場で、話しを聞いたことに本当のヒントがある」などとのアドバイスを受け入れて参加するようになりました。

今回も、初参加の方の個性も感じ取れて、満足感を高める場になりました。

イベント後の懇親会も、「サードプレイス」なのだと改めて理解できました。

何にもまして、楽しめたこと。また会いましょう!次回も期待しているという言葉をかけられたことが、私にとっての評価だったことに感謝の気持ちが湧いています。

次も頑張ろう!もっと、工夫をして、チャンレンジをしようと決意した瞬間でした。

出会いは偶然 ここまでのアクションは必然?!

今回のメイン、大平 信孝さんと知り合えたのは、偶然な出来事でした。

久米信行さんの明治大学でのベンチャービジネス論の講義を受ける機会をいただき、徳本 昌大さんのお話を学生と一緒に聞きました。
http://anteru-life-concierge.link/2017/06/21/448-3/

私と同じく聴講されていたのが、大平さんでした。

講義後、学生や久米さんと一緒に食事(カレー)を食べた時に、その日に、大平さんの著書『先延ばしは1冊のノートでなくなる』が発売されるという話を伺いました。

学生さんなどに著書を配られていたのですが、実は、私の分まで足りませんでした。残念な気持ちもあったのですが・・・。

「絶対に買って読みます!」と約束した私は、すぐに書店へ。

実は、この時点で書店には並んでおらず、Amazonで予約購入。

一気に読み終わりました。

ぶっとんだ目標を立てて、逆算思考をする 自分としては達成したいことがあっても、どうしても先延ばしにしてしまう。 理由は様々で...

私に足りていないと感じていた、現実的すぎて面白くない私に「ぶっとんだ目標」と「10秒アクションの話」(面倒くさがり屋)は、ビンビンと来ました。

さぞかし、優秀な方に違いないと思って調べていると、私と同様にサラリーマン時代があり、当時は…。普通(以下と書いたら語弊があるので)の存在。本人は忸怩たる思いをを抱いて、一念発起して、頑張り続けた結果、人の人生を変えるメンタルコーチとして飛躍。

共感できそうなモデルを見つけた私は小躍りしたい気持ちでいっぱいでした。

なんとか、大平さんと仲良くなりたい。この本の良さを伝えたい!!

そんな私の思いを無視するかのように、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』は大ヒット。増刷を続ける本として、多くの方に届き、さらにステータスを上げられた姿。

躊躇しつつも、この縁を無駄にしちゃいけない!!

そう思った私は、大平さんにメッセージを送り、やりとりをしていきながら、今回のサードプレイス・ラボへの登壇まで繋がりました。

本には書いていない、リアルで、大事なメッセージをビジネスパーソンに伝えたい、そして、一緒にアクションしてもらいたい。だったら、イベント的な場を開くしかありません。

会場を探し、イベントページを作り、コツコツとスタートしました。

今日、ここまで書いたのは、私と大平さんの偶然の出会いを自慢するのではなく、皆さんの周りにも、こういう出会いがあるのに、見逃したり、一歩引いて何もしない人がいるはずだ!と思ったからです。

一歩踏み出すには、勇気が必要です。断られるかもしれない。うまくいかないかもしれない。それでも、一歩前に踏み出さないと何も変わりません。

サードプレイス・ラボの場、メルマガ、ブログなどを通して、私のちょっとした経験や行動を見て、自分だってできると感じて欲しいからなのです。

めんどぐさがり屋で、皮肉屋のひねくれ者で、一歩引いてしまうような、私にだってできた小さな一歩は、あなたにもできると信じているから。

あなたの背中を押すこと、頑張っている人の応援をすること。
そして、あなたが元気いっぱい、ニコニコ笑顔を振りまきながら、一歩踏み出せるためのサポートをしていきたいと考えています。

大平信孝さん 公式ブログ

大平信孝 (おおひら のぶたか)大平信孝 / 公式メルマガ /「行動イノベーション通信」

サードプレイス メルマガ を読んでみませんか?!

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス メルマガは、

“毎日90秒でワクワクな人生をつくる。” 徳本昌大

「7つの片付け習慣術」〜人生を整え 夢を叶えるための片付け〜『片付けパパ』大村信夫

【サードプレス】ブログ 〜夢を叶えてワクワクな人生を!〜 安斎輝夫

の3人で共同執筆する週間メルマガです。

役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!

■なぜ、メルマガを始めたのか?

3人の大人たちが本気で人に伝えたいメッセージを集めることで、夢を叶えるために人を変えることができるはず!という信念を持って、一緒に取り組むことを決めました。

3人とも本業として働く身でありながら、情報発信としてブログ更新を続け、イベントやワークショップ開催し、日々、人と出会いながら交流を深めています。

それぞれが別のテーマや手法、フィールドや考え方は持っていますが、基本として、楽しい人生を歩み、自分の夢を叶えながら、世の中、人に貢献するというスタンスは共通しています。

そこで、1+1+1=∞(無限大)の力を発揮しよう!と決めました。

それぞれは、メルマガ発行は初めてなので不安がないわけではありません。しかし、一歩前に踏み出す勇気と行動を示すことが、あなたの背中を押すことに繋がって、応援していけるに違いないと決めました。

決めたらやりきる!が3人の共通の考え方です。

そして、サードプレイス メルマガ が誕生しました。

■おすすめポイント

  • 翻訳本を中心とした切り口のユニークな書評!
  • 「7つの片付け習慣術」で夢を叶える方法を伝授
  • あなたの夢実現にヒントと勇気を与えるインタビュー記事!

■メルマガは5つの軸で構成されてます!

メルマガの目次構成は以下のようになっています。

1.サードプレイス_書評_

2.[7つの片付け習慣術]

3.<夢インタビュー>

4.イベント情報

5.読者への募集コーナー

6.★編集後記★

それぞれにボリュームもあるコンテンツが盛り込まれています。

翻訳本は書店で並んでいても、分厚い一冊を読むのは本当に大変。せめて、エッセンスだけでも知りたいという思いがあれば、徳本さんの書評は面白いので、本当にオススメです。
徳本さん自身、「Mac Fan」で書評連載を書かれているプロフェッショナルなのです!

片付けブームを整理整頓だけの領域に収まらず、人生全般の広いテーマでも片付けることをテーマに掲げて活動をする大村さんのコラムも、親近感が湧きつつ、今までの幅広い知識と経験が積み重なっているので、読者から人気のコンテンツです。

私は、夢を叶えようとしている人、叶えた人のインタビューコーナーを担当しています。人生を掘り下げて聞き出しながら、夢をキーワードにしています。今後、著名人の方のインタビューも計画中です。実は、人気No.1のコーナーです。

各自が展開するイベントの情報の告知に留まらず、読者とのコミュニケーションも図ろうとしている姿勢を持っています。メルマガの一方向なイメージを払拭させていますので、是非、参加型メルマガを楽しんでください。

まずは、初月無料なので、お試しで読んでみてください。もし、つまらない、自分に合わないということであれば、解約していただいて構いません。

サードプレイス メルマガ

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。